bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iOS
  • iPhoneが突然落ちる原因はやはりiOSにも、iOS 10.2.1で大幅減少と発表
  • iPhoneが突然落ちる原因はやはりiOSにも、iOS 10.2.1で大幅減少と発表

    昨年、AppleからiPhone 6sを対象にしたバッテリー交換プログラムが発表され、Apple Storeにプログラムの対象者が殺到する事態になったのは記憶に新しいところ。

    その後、ほかのiPhoneユーザーからも同様の不具合が発生していると多数報告されており、不具合の原因はiOSにもあるのではないかとされていましたが、AppleはiOS 10.2.1で不具合が大幅に減少したことを明らかにしました。

    iOS 10.2.1」で80%のiPhone 6sが不具合を解消

    Appleによると、今年1月末にリリースされた「iOS 10.2.1」でiPhoneが突然終了する不具合を解消するためのアップデートを行ったとのこと。ちなみに、アップデート内容は“バグの修正およびiPhoneまたはiPadのセキュリティの問題の改善”と発表されていました。

    すでに50%以上のiOSデバイスがiOS 10.2.1にアップデートされており、80%のiPhone 6sと70%のiPhone 6において不具合が解消されたとのこと。

    なお、この不具合が発生すると電源に接続しないかぎりiPhoneが起動しないという非常にやっかいなオマケが付いていましたが、同バージョンでは電源に接続しなくてもiPhoneが再起動するように改善されたと発表しています。

    Appleは中国向けのサポートページでiOS 10.2にバッテリーの診断機能を追加して不具合の解消に役立てると案内していましたが、iOSに原因があるとは発表していませんでした。

    不具合に該当している場合は「Appleサポート」アプリをダウンロードしてAppleに相談することをオススメします。

    With iOS 10.2.1, Apple made improvements to reduce occurrences of unexpected shutdowns that a small number of users were experiencing with their iPhone. iOS 10.2.1 already has over 50% of active iOS devices upgraded and the diagnostic data we’ve received from upgraders shows that for this small percentage of users experiencing the issue, we’re seeing a more than 80% reduction in iPhone 6s and over 70% reduction on iPhone 6 of devices unexpectedly shutting down.

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOSの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー