2015-05-26 14:31:50
  • トップページ
  • 格安SIM
  • 格安SIMの「mineo」、9月よりドコモ回線を提供すると公式発表
  • 格安SIMの「mineo」、9月よりドコモ回線を提供すると公式発表

    格安SIMや格安スマホを提供するケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」は、現在提供しているauの回線を利用したプランに加えて、今年9月よりドコモの回線を利用した新プランを提供することを公式発表しました。

    ドコモ回線を利用した新プランは他社と同等で提供へ

    mineoがドコモの回線を利用したプラン提供することにより、消費者向けとしては日本初のマルチキャリアMVNOになるとのこと。これにより、消費者が自由にお気に入りのスマホを使える環境を提供できるほか、住んでいるエリアでのつながりやすさ、持っているスマートフォンによって最適な回線を選ぶことができるとのこと。

    株式会社ケイ・オプティコム(以下ケイ・オプティコム、代表取締役社長:藤野 隆雄/本社:大阪市北区)は、「データ通信」・「音声通話」・「スマホ端末」の中から必要な機能を自由に選んでいただける携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」において、2015年9月よりNTTドコモ回線を利用したプランの提供を開始いたします。

    引用元:携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」NTTドコモ回線を利用したプランの提供開始について|プレスリリース|ケイ・オプティコム

    ドコモ回線を利用する新料金プランは市場価格と同等の水準になる予定としており、使いやすさはそのままに選択しを広げるとしています。

    auとドコモの回線を切り替えて利用できるサービスの提供も検討中

    2015年9月の新プラン提供後は、現在提供されているauの回線を利用したプランからドコモの回線を利用した新プランへの移行も手数料を支払えば可能(料金は明らかにされていない)とのこと。

    また、サービスの開始当初はドコモとauの回線を1枚のSIMで切り替えることはできないものの、将来的な話しとして最適なネットワークに接続するようなサービスの提供を検討しているようです。

    海外ではグーグルが発表した「Project-Fi」において、複数のネットワークを切り替える仕組みが導入されていますが、国内では、格安SIMを提供する事業者がSIMカードを発行することができず、異なる事業者間の回線を切り替える通信サービスの提供は難しいとされていたことから、どのような仕組みで提供されるのかが気になるところです。

    mineoやUQ mobileが提供するau系の格安SIMは、iOS 8を搭載するiPhoneでは、音声通話は利用できるものの、データ通信を利用することができなくなっており、iOS 8にアップデートしたユーザーは不満の声をあげていました。

    ドコモの回線を提供されることで、SIMフリーのiPhoneやドコモから販売されるiPhoneであれば、両方のサービスをmineoの格安SIMで利用することができます。

    ドコモ回線を利用した新プランの提供にともない機能の拡充も発表

    ドコモの回線を利用した新プランの提供にともない、家族間であまったデータ量をシェアできる「パケットシェア」が異なるキャリア間でのデータ量のシェアにも対応します。

    さらに、2015年9月からは「パケットギフト」機能が提供され、家族以外のユーザーや異なるキャリアのプランを利用するユーザーにもデータ量を送り合うことが可能になるとのこと。

    ▼mineoのプリペイドパックSIMカードが付いてくる雑誌「SIM PERFECT BOOK」が6月30日に発売されます

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    格安SIMの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー