2015-10-26 20:28:42
  • トップページ
  • スマホアプリ
  • 違法性なし、見逃したテレビ番組を高画質・無料で視聴できるアプリ「TVer(ティーバー)」
  • 違法性なし、見逃したテレビ番組を視聴できる無料アプリ「TVer(ティーバー)」

    在京民放5社のテレビ番組を無料で視聴できるスマートフォン向けアプリ「TVer(ティーバー)」がAppStoreとGoogle Playストアに登場しました。

    民放5局のテレビ番組を高画質、無料で視聴できる「TVer(ティーバー)」

    「TVer(ティーバー)」は、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビの民放5局で放送されたテレビ番組を無料で視聴できるサービス。

    違法性なし、見逃したテレビ番組を高画質・無料で視聴できるアプリ「TVer(ティーバー)」 違法性なし、見逃したテレビ番組を高画質・無料で視聴できるアプリ「TVer(ティーバー)」

    「TVer(ティーバー)」で配信されるコンテンツは過去に放送されたテレビ番組のうち各局が配信する番組に限られていますが、見逃してしまった番組を放送から一定期間限定(基本的に放送日から7日間)で視聴することができます。なお、視聴前や視聴中に15秒の動画CMが1〜2本ほど再生されます。

    配信されるテレビ番組の画質はWi-Fiや4G/LTEなど接続環境によって異なり、手動ではiOSの場合「自動」と「低画質」、Androidの場合「低画質」「中画質」「高画質」から選択が可能。

    Phile-webのインタビュー記事から読み取ると、低画質選択時のビットレートは300〜400kbps、高画質選択時のビットレートは1.5Mbps、解像度はHDに設定されているのかもしれません。

    「詳細はまだいろいろなユースケースを想定しながら詰めている段階ですが、おそらくスマホはLTEネットワークでのデータ通信を使って観る方も多いと思いますので、あえて300~400kbps程度の低ビットレートで視聴できるモードを用意すべきと考えています。上はPCなら2Mbps、スマホやタブレットは1.5Mbpsぐらいの一般的な帯域幅になるのではないでしょうか。解像度についても未定ですが、だいたい1,280×720画素ぐらいになるだろうと思います。通信環境や視聴するデバイスに応じてアダプティブに配信できるよう、PCで4つ、モバイル機器で4つぐらいの分類になると思います」

    引用元:【インタビュー】民放5社の見逃し配信「TVer」は “若者のテレビ離れ” を食い止められるか? (3/5) – Phile-web

    ▼「TVer」で現在配信されているテレビ番組の一部は以下のとおりです。

    • 正直さんぽ(フジテレビ)
    • 下町ロケット(TBS)
    • ゴッドタン(テレビ東京)
    • 有吉反省会(日本テレビ)
    • 今夜くらべてみました(日本テレビ)
    • マツコの知らない世界(TBS)

    「TVer」では、テレビ番組のストリーミング視聴のみ可能でダウンロードは不可。

    現在はiOS 7以降のiPhoneやiPod touch、Android 4.1以降のスマートフォンで利用できるほか、TVerのサイトにアクセスすることでPCで視聴することも可能。iPadなどタブレット向けのアプリは後日提供予定となっています。

    App StoreやGoogle Playストアには、テレビ番組を無料で視聴でできる違法性のあるアプリが公開されては削除され、度々問題になっていましたが、「TVer」は民放の公式アプリとなっているため、安全して利用することができます。

    利用開始時にサービスへの登録、ログインなど面倒な事前設定いらずで、画質についても4G/LTE接続時でも高画質でテレビ番組を視聴できるのも嬉しいところ。

    また、民放配信局が少ない地方ではTBSなど一部系列のテレビ番組が視聴できない地域もあるため、見逃し以外のシーンでも「TVer」が活躍しそうです。

    民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    スマホアプリの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー