bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Xperia XZs

「Xperia XZs」は前モデルのXZを踏襲したデザイン。フロントとバックパネルはフラットな形状でサイドは手になじむ曲面を描く。背面には高輝度・高純度のメタル素材「ALKALEIDO」を継続採用、サンドブラスト加工によってXZとは異なるマットな質感になっている。ボディカラーはブラック、ウォームシルバー、アイスブルー、シトラスの夏らしいさわやかな4色をラインナップする。

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー
Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー

特にオススメなのは夏らしい「シトラス」だ。2016年夏モデルとして発売された「Xperia X Performance」以来の黄系だが、スタイリッシュなデザインとサンドブラストとの相性が良い。

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー

大人しいカラーを好む場合は「ウォームシルバー」がオススメだ。シルバーに暖色のブラウンが加わることで名前のとおり暖かみのあるカラーリングになっている。夏はもちろん、秋にもピッタリの印象だ

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー

スーパースローモーションカメラ

Xperia XZs / XZ Premiumでは1秒960コマのスーパースローモーション撮影が可能だ。従来比の5倍、iPhone 7に比べて4倍のコア数で撮影できるため、スローモーションの緩急が印象的で迫力ある映像が残せる。

なお、スーパースローモーション撮影はスーパースローモーションに切り替えて撮影開始ボタンを押して撮影中にスローモーションアイコンをタップすると、数秒間スーパースローモーション映像で撮影できる。自動での撮影はできないため、スローモーションにするタイミングは難しいかもしれない。また、短時間で高速撮影するため光量が少ない場所、例えば屋内では暗い印象になるため注意が必要だ。

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー
左:スーパースローモーションへの切り替えボタン、右:スーパースローモーションアイコン

Xperia XZ Premium

「Xperia XZ Premium」は前モデルと同じく鏡のような仕上げで光を反射する「ディープシーブラック」と「ルミナスクロム」の2色をラインナップする。特にルミナスクロムはまるで鏡のように反射する、カラーは背面パネルが映し出すものによって変わるといった感じだ。対する深い海の青をイメージしたディープシーブラックは反射を抑えたカラーになっている。ルミナスクロムは指紋が付きやすく好き嫌いが分かれそうだが、ディープシーブラックは反射が少ない分指紋が目立ちにくくなっている。

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー
Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー

世界初の「4K HDR」対応ディスプレイ

「Xperia XZ Premium」の最大の特徴は4K HDRだろう。フルHDの4倍にもなる高解像度で細部や質感をリアルに再現し、HDRによって色鮮やかな映像が楽しめる。4K映像を5.5インチのディスプレイで表示しても体感は薄いかもしれないが、撮影した映像を拡大した時に強力な効果を発揮する。プロ野球中継でも肉眼では見えづらい細部を4K映像から切り出して拡大するといった使い方がされている。

4K映像はdTVとスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN(ダゾーン)」で配信される。HDRコンテンツはdTV、ひかりTV、Amazonビデオで配信される。

Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー Xperia XZs / XZ Premium フォトレビュー

Xperia XZs / XZ Premiumの価格・発売日

Xperia XZsは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから5月26日に発売される。ドコモは5月下旬と案内されているがおそらく26日だろう。なお、今回レビューしたのはドコモ版で背面にプリントされるキャリアロゴはソフトバンクやauよりも目立つ。ソフトバンクはグローバルモデルと同じデザインでキャリアロゴがプリントされない。

端末価格は85,000円前後、実質支払額は新規契約が45,000円前後でドコモが最安の32,400円。のりかえの最安はソフトバンクの10,800円だ。Xperia XZ Premiumの価格はまだ発表されていない。

実質支払額は、毎月の料金に割引を適用する月々サポートや毎月割、月月割など端末購入サポートの総額を端末価格から差し引いた額。端末購入サポートは2年間に渡って割引が適用されるが、中途解約・プラン変更等を行うと割引が適用されなくなる。

Xperia XZsの価格(新規・機種変)

docomoauSoftBank
端末価格85,536円84,240円87,840円
割引サービス-53,136円-38,664円-42,720円
実質支払額32,400円34,776円45,120円

Xperia XZsの価格(のりかえ)

docomoauSoftBank
端末価格85,536円84,240円87,840円
割引サービス-69,984円-60,264円-77,040円
実質支払額15,552円23,976円10,800円

オンラインショップでおトクな予約・購入キャンペーンが実施中

各キャリアはキャンペーンも実施している。auでは6月末までにau Online Shopで予約または購入し、7月末までに利用開始された人を対象に抽選で500名に2,000円分のクーポンがプレゼントされる。ソフトバンクでは発売前日までに予約して6月25日までに購入した全員を対象に約2,000アイテムのスマホカバーを取り揃える「Xperiaカバーストア」で利用できる5,000円分のポイントがプレゼントされる。

ドコモオンラインショップでは、7月31日までにドコモオンラインショップで2017年夏モデルを購入すると抽選で最大50,000ポイントのdポイントがプレゼントされる。予約した場合は当選確率が2倍になるためドコモオンラインショップでの購入がオススメだ。さらに、「Xperia XZ Premium」を7月31日までに購入して8月10日までに応募すると抽選で200名限定にソニーストアで使える10万円分のポイントがプレゼントされる。

ドコモオンラインショップでXperia XZsを予約

ドコモオンラインショップでXperia XZ Premiumを予約

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

この記事も読まれてます!
2件のコメント

コメントを残す

(任意)
(任意)