bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

どれを買う?iPhone XR・iPhone XS・iPhone XS Maxの違いを比較

iPhone

どっちを買う?iPhone XR・iPhone XS・iPhone XS Maxの違いを解説

2018年9月13日、新型iPhoneとして「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の3機種が発表された。

発表からわずか1日後の9月14日(金)16時1分から予約受付がスタートするが、どのiPhoneを購入するかまだ迷っている人も多いはず。この記事では「iPhone XR」「iPhone XS」「iPhone XS Max」の3機種にどういった違いがあるのか比較・解説する。

目次

サイズ・デザイン

ボディサイズを比較

iPhone XR・iPhone XS・iPhone XS Maxの最も大きな違いはボディサイズだ。

特に「iPhone XS」と「iPhone XR」のどちらかで迷っている場合はボディサイズに注意が必要。というのも、3機種のなかでも最も機能性や性能が劣る「iPhone XR」のボディサイズは「iPhone XS」よりも大きい。これまでのiPhoneにはなかった傾向だ。

「iPhone XR」は液晶のLiquid Retinaディスプレイを採用しているため、他の機種よりもベゼル幅が広く、横幅は「iPhone XS」よりも5mmほど広くなっている。販売価格は高額だが、片手操作を重視するのであれば「iPhone XS」を検討した方が良いだろう。

ちなみに、iPhone 8(138.4 x 67.3 x 7.3mm)に比べると、「iPhone XS」は縦幅が5.2mm、横幅が3.6mm大きく、「iPhone XR」は、縦幅が12.5mm、横幅が9.2mm大きい。

3機種のなかで最もサイズが大きい「iPhone XS Max」は、iPhone史上最大のディスプレイを搭載するが、ベゼルレスデザインを採用することでiPhone 8 Plus(158.4 x 78.1 x 7.5mm)に比べて縦幅は0.9mm、横幅は0.7mm小さく、意外にもボディサイズはシリーズ最大ではない。PlusシリーズからMaxへの乗り換えはスムーズなはずだ。

ボディの素材は「iPhone XR」が航空宇宙産業で使用されている7000シリーズのアルミニウム、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は医療機器と同じグレードのステンレススチールを採用している。見た目は光り輝くステンレススチールが優れているがアルミニウムに比べて傷が付きやすい。

サイズ・デザイン サイズ・デザイン
アルミニウムフレームの「iPhone XR」
サイズ・デザイン サイズ・デザイン
ステンレススチールフレームの「iPhone XS」

ボディサイズ・重さを比較

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
縦幅150.9mm143.6mm157.5mm
横幅75.7mm70.9mm77.4mm
厚さ8.3mm7.7mm7.7mm
重さ194g177g208g
素材アルミニウムステンレススチールステンレススチール

ディスプレイ

ディスプレイを比較

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は、昨年のiPhone Xに続いて有機ELディスプレイを採用する。有機ELには、明るさ・広色域・色の再現性といった弱点があるが、Appleが独自開発した「Super Retina HDディスプレイ」は発色の良さ・高精細・薄さ・省電力といった強みをそのままに弱点を克服している。

従来のiPhoneが採用する液晶ディスプレイと「Super Retina HDディスプレイ」には圧倒的な表現力の差がある。以下は画像では同じ写真を表示しているが、高いコントラストによって朝日はより赤く、空はより青く、影はより濃く表現されていることがわかる。

左が「Super Retina HDディスプレイ」

左が「Super Retina HDディスプレイ」

「iPhone XR」に採用されている「Liquid Retina HDディスプレイ」は、従来のiPhoneと同じ液晶方式だが、Appleは高度なカラーマネージメントにおいて業界最先端で最も正確な色を反映するとアピールする。ただし、コントラスト比はまさに桁違いで表現力の面ではやはり有機ELには遠く及ばない。

機能面では画面をタップしてスリープの解除が可能だが、3D Touchには非対応のため、LINEのメッセージを既読を付けずに読むといったことができない。

なお、画面サイズが最も大きい「iPhone XS Max」は、iPhone 8 Plusと同じようにランドスケープモードをサポートしている。

ランドスケープモード

iPhone XS Maxのみランドスケープモードをサポート

画面サイズ・解像度を比較

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
画面サイズ6.1インチ5.8インチ6.5インチ
種類液晶ディスプレイ有機ELディスプレイ有機ELディスプレイ
解像度1,080 x 2,160ピクセル2,436 x 1,125 ピクセル2,688 x 1,242 ピクセル
コントラスト比1,400:11,000,000:11,000,000:1
画素密度326ppi458ppi458ppi
HDR
3D Touch
ランドスケープ

カメラ

カメラを比較

「iPhone XS」と「iPhone XR」は、広角レンズと望遠レンズで構成されるデュアルカメラを搭載している。一眼レフカメラで撮影した写真のように背景ボカシが適用できるポートレートモードが利用できるほか、ワンタッチで画質の劣化がない光学式2倍ズームが利用できる。

新しいセンサーをのぞく基本的なハードウェアの性能はiPhone Xと同じだが、カメラのソフトウェア処理が大きく進化した。白飛びや黒つぶれを抑え、明部と暗部をよりキレイに記録する新機能「スマートHDR」、さらにシャッターラグなしでのHDR撮影、撮影中・撮影後も被写界深度を調整してぼかし具合を調整できる新機能「深度コントロール」、被写体と背景の境界線をより精巧に表現する「Advaced Bokeh」などをサポート。

「iPhone XR」のカメラは、iPhone 8シリーズとシングルカメラだが、ソフトウェア処理はiPhone XS/iPhone XS Maxと同じでポートレート撮影にも対応する。

カメラのスペックを比較

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
バックカメラ12メガピクセル
ƒ/1.8
2倍高速なセンサー
光学式手ぶれ補正
最大5倍デジタルズーム
デュアル12メガピクセル
2倍高速なセンサー
広角:ƒ/1.8、望遠:ƒ/2.4
デュアル光学式手ぶれ補正
最大10倍デジタルズーム
光学2倍ズーム
フロントカメラ7メガピクセル
ƒ/2.2
まったく新しいビデオ手ぶれ補正
1080p HDビデオ撮影・60fps
ポートレートライティングアウトカメラ:3つのエフェクト
インカメラ:5つのエフェクト
5つのエフェクト5つのエフェクト
深度コントロール
スマートHDR

バッテリー・電池持ち

バッテリーを比較

スマートフォンの不満点として上位にあがってくる「電池持ち」。ボディサイズが最も大きく、低消費電力に優れる「iPhone XS Max」が最良というイメージを抱く人も多いだろうが、意外にも電池持ちは「iPhone XR」が最も長い。

公称値ながらも「iPhone XR」と「iPhone XS」の電池持ちには小さくない違いがある。インターネットの利用時間は3時間、ビデオ再生は2時間、オーディオ再生は5時間も「iPhone XR」の方が長い。電池持ちを重視するのであれば「iPhone XR」を検討しよう。

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
比較iPhone 8 Plusより
最大1.5時間長い電池持ち
iPhone Xより
最大30分長い電池持ち
iPhone Xより
最大90分長い電池持ち
連続通話時間最大25時間最大20時間最大25時間
インターネット最大15時間最大12時間最大13時間
ビデオ再生最大16時間最大14時間最大15時間
オーディオ再生最大65時間最大60時間最大60時間
高速充電30分で最大50%の充電可能
ワイヤレス充電

パフォーマンス

パフォーマンスを比較

3機種ともA11 Bionicに比べて最大15%高速化された処理性能、最大50%の低消費電力化、最大50%高速化された描画性能、毎秒5兆の演算処理が可能なNeural Engine、最大9倍高速化されたCore MLを内包する「A12 Bionic」を搭載するためパフォーマンスに差はないようだ。

防水

防水を比較

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は、これまでに発売されたiPhoneよりも高い性能を誇るIP68等級の防水に対応している。これによって最大水深2メートルで最大30分間まで耐えるようになった。スペシャルイベントでは塩水、ビール、ワイン、オレンジジュースなどで試験を行ったことが明かされているが、プレスリリースでは炭酸水やコーヒー、紅茶からの水没を保護すると案内されている。

一方、「iPhone XR」は、従来と同じくIP67等級の防水で最大水深1メートルで最大30分間まで耐えることができる。

防水性能を比較

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
防水等級IP67IP68IP68
目安最大水深1メートル最大水深2メートル最大水深2メートル

デュアルSIM・eSIM

デュアルSIM・eSIM

新形iPhoneは、シリーズ史上初のデュアルSIMとDSDSをサポートしたモデルとなった。

デュアルSIMのメリットは、複数の回線と電話番号を使い分けできること。主に活躍するのは海外旅行だ。SIMカードを抜き差しすることなく海外でネットが利用できる。さらに、iPhoneのデュアルSIMは物理的なSIM+eSIMによって実現されているため、通常、海外でネットを利用する場合は現地でプリペイドSIMを購入したり、日本でレンタルWi-Fiを借りる必要があるが、eSIMによってiPhoneの設定画面から携帯電話事業者と契約ができる。

「iPhone XS」と「iPhone XS Max」はもちろん、スペシャルイベントでは触れられなかったが、「iPhone XR」もデュアルSIMをサポートしている。

販売価格・ストレージ

販売価格

ストレージは、「iPhone XR」が64GB/128GB/256GBの3種類で、「iPhone XS」 と「iPhone XS Max」は、64GBと256GBに加え、iPhone史上最大容量の512GBをラインナップする。

販売価格は以下のとおり。いずれも税別

SIMフリー版の販売価格

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
64GB84,800円112,800円124,800円
128GB90,800円
256GB101,800円129,800円141,800円
512GB152,800円164,800円

実際の支払額を確認したい場合は、3キャリアの料金を比較できるシミュレーターを開発したのでぜひ利用して欲しい。下取りやキャンペーン、オプション、割引などをすべて考慮してシミュレーションできる。

Apple.com/jpで確認

docomo Online Shop

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

予約開始日・発売日

昨年と同じく一部モデルの予約開始日と発売日が遅れる。「iPhone XS」と「iPhone XS Max」は9月14日(金)16時1分から予約開始、発売日は9月21日(金)だ。「iPhone XR」は10月19日(金)16時1分から予約開始、発売日は10月26日(金)となっている。

iPhone XRiPhone XSiPhone XS Max
予約開始日10月19日(金)
16時1分から
9月14日(金)
16時1分から
9月14日(金)
16時1分から
発売日10月26日(金)9月21日(金)9月21日(金)

アンケート:新型iPhone、どれを買う?

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2018/11/20
iOS版「Googleフォト」で背景ぼかしの位置・ぼけ量の調整が可能に

スマホアプリ

2018/11/20
人気メニューが半額「Uber Eats」で期間限定キャンペーン

インスタグラム

2018/11/20
インスタグラム、機械学習で偽のいいね・コメント・フォロワーを削除へ

iPhone XR

2018/11/19
Apple、新型iPhoneの生産数減を指示か。iPhone XRは三分の一に?
Recommendこんな記事も読まれています