Kindle、3月22日までにアップデート必須。利用不可になるケースも

bio
Yusuke Sakakura公開日:2016/03/17 21:58

Kindle、3月22日までにアップデート必須。利用不可になるケースも

アマゾンが、電子書籍リーダー「Kindle」に関して、「ソフトウェアアップデートに関する重要なお知らせ」を案内しています。

重要なお知らせは、2012年までに発売されたKindleのソフトウェアアップデートを促すもので、3月22日までにアップデートを実施しないと、Wi-Fiでのアップデートが不可能になり、PCを使って手動でアップデートする必要があります。

Kindle、3月22日までにソフトウェアアップデートが必要

ソフトウェア・アップデートは自動で実行されるため、Kindleの電源をオンにすれば、OKです。

手動でインストールする場合は、ホームからメニューアイコン「≡」をタップして、「設定」→「Kindleのアップデートを行う」を選択するとアップデートが可能です。

なお、アップデートしない場合は、「Kindleを接続することができない」とのエラーメッセージが表示され、Kindle本のダウンロードおよびKindleのサービスを引き続き利用できなくなるようです。PCが手元にない場合は、Kindleのサービスが利用不可になるので注意が必要です。

アップデートが必要な機種は、全7モデルですが、日本で発売されているのは、2012年11月に発売されたKindle Paperwhite (第1世代) のみ。現在発売されているのは第3世代のため、2世代前のモデルとなります。

Kindle Paperwhite (ニューモデル)

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています