bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

デザイン・ディスプレイ

Galaxy S8 / Galaxy S8+の特徴は“ほぼ画面”を実現した「インフィニティディスプレイ」だ。スマートフォンの画面比率はほとんどが16:9だが、Galaxy S8は18.5:9だ。つまり縦に長くなり、細長い画面サイズになっている。

単純に画面が細長くなっただけではなく“ほぼ画面”を実現するためにボディデザインも変更された。上下のベゼルをスリム化するためにホームボタンは物理式から感圧式に変更され、指紋認証センサーも背面に配置変更された。背面の指紋認証は利便性が低くなるため、顔認証と虹彩認証も搭載した。こういった大幅な変更によってようやく“ほぼ画面”が実現している。


Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー
左:インフィニティディスプレイ、右:極狭のベゼル。不評だったキーの配置も変更可能に
Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー
左:生体認証は3種類、右:指紋認証は背面のカメラ横に移動した

インフィニティディスプレイによってGalaxy S8のデザインは他のスマートフォンと一線を画すデザインになった。それでも表現は足りないかもしれない。かつてはiPhoneの真似とも言われたが、Galaxy S8はもっとも独自色が強く、未来的なデザインとも評価できる。



デザイン性だけでなく操作性・機能性にも優れている。細長くなったことで画面サイズが大型化しながらも横幅は小さくなった。5.5インチのiPhone 7 Plusと6.2インチの「Galaxy S8+」を比べてみたが、二回りほど横幅が小さく、5.7/6.2インチの大画面でも片手で十分操作できる。縦長になったことで1画面により多くの情報が表示できるため、LINEやTwitter、Instagramのタイムラインやフィードも快適だ。画面を横持ちにして映画を視聴するときは映画の21:9に近い画面比率で再生されるためこれまでよりも没入感が高く、迫力ある映像が楽しめる。Android 7.0で追加された1つの画面に複数のアプリを表示できる「マルチウィンドウ」や画面を切り取って固定表示できるサムスン独自の「SnapWindow」とも相性が良い。



Galaxy S8に触れた後では他のスマートフォンが古く感じる。デザイン、機能性、操作性に優れた細長の画面は他メーカーが追従し、今年の後半または来年以降にスマートフォンのトレンドになる可能性が高い。縦長の画面比率を採用したスマートフォンはGalaxy S8以外にもLG電子が18:9の「LG G6」を発表しているが、Galaxy S8がスマホデザインのフラグシップになるだろう。

Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー
左:iPhone 7 Plus(5.5inch)の上にGalaxy S8+(6.2inch)を重ねた、右:「スナップウィンドウ」で野球のスコアを固定表示できる

カラー

ボディはフロント・バック共に両端がカーブすることで手になじむ形状だ。有機ELを保護するフロントカバーは強化ガラス「ゴリラガラス5」が採用。背面にもガラスパネルを採用しているため見た目、質感ともに高級感がある。ただ、バックパネルは反射しやすく指紋が付きやすい、docomoのロゴが気になる人もいるだろう。指紋についてはiPhone 7 Plusのジェットブラックを利用しているが慣れれば気にならないはずだ。

サイドはメタルフレームによって金属の質感があるが、ミッドナイトブラックはマット仕上げでプラスチックに近い質感になっている。メタルフレームはボディカラーに合わせた色で統一感のあるカラーリングになっているが、フロントパネルはすべて黒で統一sれているため、完成度としてはミッドナイトブラックが一番だ。なお、ボディカラーは「Galaxy S8」がオーキッドグレー、ミッドナイトブラック、コーラルブルーの3色。「Galaxy S8+」がミッドナイトブラック、アークティックシルバーの2色展開となる。両機種にラインナップされているミッドナイトブラックは高光沢の黒でiPhone 7シリーズのジェットブラックに近いイメージだ。

Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー
Galaxy S8
Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー Galaxy S8 / S8+ フォトレビュー
Galaxy S8+

Galaxy S8 / S8+の価格・発売日

Galaxy S8 / S8+は、auとドコモから発売される。今回レビューしたのはドコモ版、背面にプリントされるキャリアロゴはauよりも強調されている。ドコモは販売価格を公表していないが、auは実質支払額を57,456円〜と案内していることから大きく差のない価格になるだろう。発売日についてもドコモは6月上旬としており詳細な日付は案内してないが、auが6月8日に発売することから同日またはそう差のない日に発売するはずだ。

すでにau Online Shopとドコモオンラインショップで予約受付がスタートしている。いずれも発売日前日までに予約した上で6月30日までに購入し、キャンペーンサイトで7月10日までに応募するとVRデバイス「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされる。au Online Shopでは購入者全員(数量限定)に保護カバーもプレゼントされる。

ドコモオンラインショップでは、7月31日までにドコモオンラインショップで2017年夏モデルを購入すると抽選で最大50,000ポイントのdポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施中。予約した場合は当選確率が2倍になるため、オンラインショップでの購入がオススメだ。

オンラインショップでGalaxy S8を予約

オンラインショップでGalaxy S8+を予約

au Online Shopで予約

この記事も読まれてます!

コメントを残す

(任意)
(任意)