Kindleが過去最安値。最新Kindle Paperwhiteも初セール:Amazonブラックフライデー

bio
Yusuke Sakakura

Kindleが過去最安値。最新Kindle Paperwhiteも初セール:Amazonブラックフライデー

12月2日23時59分まで7日間限定で開催中のビッグセール「Amazonブラックフライデー」に、紙のようなに読みやすいディスプレイで読書に没頭できる電子書籍リーダーKindleシリーズが登場しました。

最も手軽なKindleの販売価格は通常8,980円ですが、ブラックフライデーの期間中は過去最安値タイの4,980円で購入可能。今年10月に発売されたばかりのKindle Paperwhite最新モデルも今回が初のセールで20%オフです!!

セール情報
商品名KindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
販売価格 8,980円4,980円45%オフ 14,980円11,980円20%オフ 29,980円22,980円23%オフ
これまでの最安値4,980円14,980円19,980円
発売日2019年4月10日2021年10月27日2019年10月27日
評価 4.4/5 (2,000以上) 4.2/5 (70以上) 4.2/5 (2,000以上)
製品ページ

値下げセールは終了しました

携帯総合研究所のTwitterアカウントをフォロー、Facebookページにいいね、RSSリーダーに登録すると、セール情報をいち早く受け取ることができます。

Twitterでセール情報を受け取る

Facebookでセール情報を受け取る

最新のKindle Paperwhiteもブラックフライデーに登場

Kindleデバイスは、Amazonの電子書籍ストアで購入したKindle本により没頭するための電子書籍リーダーです。

明るい日差しの中でも光が反射しないマットなディスプレイがすべてのモデルに搭載されていて、本物の紙のような読み心地を体験可能。数千冊を小型・軽量の1台に保存できるため、場所を選ばずどこでも読書が可能。スマートフォンやタブレットのような通知機能がないため、邪魔が入らず読書に没頭できます。

さらに、一般的なバックライト式ではなく直接目を照らさないため、目に優しく長時間の読書できるフロントライト式を採用します。

Kindleシリーズで最も人気のある「Kindle Paperwhite」は、大型かつ高精細の6.8インチディスプレイを搭載。小説など細かい文字はもちろん、マンガなども迫力のある描写が楽しめます。バックライトのLEDは下位モデルの4倍以上で明るい屋外でも読みやすく、色調調整によって明るいホワイトから暖かみのあるアンバーに調節して読書できます。寝る前に読書を楽しむ人にとって便利な機能です。

IPX8等級の防水対応でお風呂でも読書可能。USB Type-C端子を使って約2.5時間かけてフル充電すると最大10週間読書できます。なお、ワイヤレス充電や明るさの自動調整機能に対応したシグニチャーエディションも選べます(シグニチャーエディションはブラックフライデーセールの対象外です)

シリーズ最大の7インチディスプレイを搭載した最上位モデルのKindle Oasisもブラックフライデーの対象商品です。

人間工学に基づいたなめらかなデザインに、ページ送りボタンを備えているため片手で読書することも可能。無料の4Gモデルを用意した唯一のKindleデバイスで、外出先でも好きなだけKinlde本をダウンロードできます。

【セット買い】Kindle Paperwhite 純正カバーと保護フィルム付き
【セット買い】Kindle Paperwhite 純正カバーと保護フィルム付き¥ 15,510 (22%)本商品はKindlePaperwhite8GB広告つき、純正カバー、保護フィルムのセット商品です。新しくな...
Amazon.co.jpで確認
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite¥ 11,980 (20%)新しくなったKindlePaperwhite。前モデルに比べ、20%早いページ送りで、大きくなった6.8イン...
Amazon.co.jpで確認
Kindle
Kindle¥ 4,980 (45%)Kindleは読書のための専用端末。直接目を照らさないフロントライト方式だから目に優しく、e-i...
Amazon.co.jpで確認
Kindle Oasis
Kindle Oasis¥ 29,980 (23%)Kindle史上最高のPaperwhiteディスプレイ。7インチ、フラットベゼル、300ppi色調調節ライトを...
Amazon.co.jpで確認
話題の流れ
Amazonブラックフライデー2021

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています