開始2分で完売、100台限定のバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/02/26 13:46

開始2分で完売、100台限定のバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」

2016年夏モデルとして発表された直後に大きな話題になった「Galaxy S7 edge Injustice Edition」が、本日12時からau Online Shopで販売されましたが、予約開始から2分で予約終了となりました。

国内100台限定のバットマンスマホ、開始2分で完売

「Galaxy S7 edge Injustice Edition」は、今夏国内3キャリアで発売され、好調な売り上げを記録しているGalaxy S7 edgeをバットマン仕様に仕上げたスマートフォン。

分で完売、100台限定のバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」

背面にはバットマンロゴやシリアルナンバーがプリント・刻印され、壁紙やアイコンなどのオリジナルテーマを収録。

特別なパッケージには、限定カラーのVRデバイス「Gear VR Black Edition」や、特別デザインの専用ケース「Injustice Edition スペシャルカバー」が同梱されます。

分で完売、100台限定のバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」

「Galaxy S7 edge Injustice Edition」は、海外でも販売される限定モデルで、国内ではauが100台を取り扱うため、この機会を逃すと入手が困難になります。

とはいえ、「Galaxy S7 edge Injustice Edition」の価格は一括支払い時が143,640円。月額料金から割り引かれる「毎月割」は新規・機種変更・MNPともに総額-41,904円で、実質支払額は101,736円とかなり高額です。

どれぐらいで完売するのかチェックしたところ12時04分ごろに予約終了になったことを確認しました。なお、キャンセルが出た場合は101番目以降に予約した人が繰り上げとなるため、終了までに予約できた人には購入できるチャンスがあります。

分で完売、100台限定のバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」

なお、本日中に先着100名に入っている人には「本申し込み」メールが、101番目以降の人には「キャンセル待ち」の案内が送られるとのことです。

13時10分ごろにauから案内メールが届きました。12:02:16に予約しましたが、100台には入らずキャンセル待ちになりました。実際には2分前後で100台が完売となったようです

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています