bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • F-06B,F-07B,F-08Bのフォントを試す!

  • 6月より始まったケータイ会議6も今週で終わりです。F-06B、F-07B、F-08Bについて何か質問したい方はコメントにてお願いします!

    ということで、今回はF-06B、F-07B、F-08Bのフォントをレビューです。

    F-06BにはF-07B、F-08Bよりも1つ多くフォントが搭載されています。

    まずはF-07B。丸ゴシック、リュウミン、丸フォークの3つを搭載。


    ちなみにリュウミンの総称はリュウブンドウ・ミンチョウとか。

    (リュウミンとはリュウブンドウ・ミンチョウを意味する)。彫刻刀の冴え(活字母型の製作時の、職人の手さばきの影響を受ける)を生かした字形となっており、直線部分を柔らかく、曲線部分に鋭さを持たせることで漢字と仮名部分の統一感を作っていると言われる。

    情報元:リュウミン – Wikipedia


    また、富士通製のケータイではF902i以降のFOMA端末に搭載されているとのこと。
    ちなみに、丸フォークはF905iから採用されています。

    続いてF-08B。こちらもF-07Bと同様丸ゴシック、リュウミン、丸フォークの3つのフォントを搭載。


    最後にF-06B。こちらには丸ゴシック、リュウミン、丸フォーク、AXISフォントの4つのフォントを搭載。


    AXISフォントは、雑誌「AXIS」専用に開発されたフォントだとか。

    紙面に使用されているフォントは、専用に開発されたフォント「AXISフォント」。創刊20周年を機に誌面リニューアルをおこなった93号(2001年9・10月号)より、7ウェイトからなるこの書体を、ほぼ全ての文字要素に使用している。海外の雑誌などでは専用の書体(エクスクルーシヴ・フォント)を独自に開発・使用することも珍しくないものの、数万字に及ぶ日本語書体を雑誌のために開発・使用することはきわめて珍しいケースと言える。

    情報元:AXIS (雑誌) – Wikipedia


    AXISフォントは元々SHARP製のケータイに搭載されていたもので、F-06BがOPP端末であるためにAXISフォントが搭載されたのでしょう。

    フォント一覧
    丸ゴシック


    リュウミン


    丸フォーク


    AXISフォント


    こうやって携帯電話に搭載されているフォントを探っていくのもおもしろいですね~。ちなみに僕が好きなのは丸フォーク!

    F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
    F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    1件のコメント
    • ganjo
      No.8187

       僕も現在丸フォークしています。これがエコモードでも見やすかったから(^^;)
       で、男爵をダウンロードして登録したらアドレス帳消えてしまいました(-_-;) すげー焦った。フォントを別物にしたら戻り、その後は男爵にしてもアドレス帳消えません。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー