2015-06-28 13:42:10
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、6ヶ月以内の機種変更で月々サポートの適用不可に
  • ドコモ、6ヶ月以内の機種変更で月々サポートの適用不可に

    NTTドコモは、機種ごとに設定された一定額を毎月の使用料金から割引くサービス「月々サポート」の条件を7月1日から変更することを案内しています。

    6ヶ月以内での機種変更で「月々サポート」適用不可。iPhoneも対象に

    ドコモが公開している「月々サポート」の公式サイトの案内によると、2014年9月以降に発売された機種を購入する場合、過去6ヶ月以内に「機種購入手続きがされている回線」または「XiからFOMAへの契約変更がされている回線」の場合は、月々サポートを受けられなくなるようです。

    2015年7月1日(水曜)以降、2014年9月以降に発売された機種を過去6か月以内に「機種購入手続きがなされている回線」、「XiからFOMAへの契約変更がなされている回線」で購入の場合、本割引の対象外です。

    引用元:キャンペーン詳細(月々サポート) | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

    「期間を2014年9月以降に発売された機種」としたのは、iPhone 6 / 6 Plusにも適用するためと思われます。

    月々サポートの適用条件変更は、転売目的の購入を防ぐため?

    内閣府の消費動向調査によると、携帯電話の使用期間は年々伸びており、2015年3月時点では3.6年と、10年前から約1年も伸びているようです。

    ドコモ、6ヶ月以内の機種変更で月々サポートの適用不可に

    調査結果をグラフ化したもの。使用期間は3年に伸びている

    ただ、そういった中で短期間のうちに機種変更を繰り返して端末を購入したり、さらに転売して利益を得る行為も一部ではあるものの目立つようになっています。

    ドコモは、こういった転売行為を防ぐために、2015年5月以降に発売された機種に対して、購入日から6ヶ月経過しないとのSIMロックが解除できない制限期間を設けました。

    7月1日以降に変更される月々サポートの適用条件についても、毎月2000円〜3000円の割引が適用されなくなれば、転売を行ったとしても利益が大幅に減ってしまうため、転売目的の購入を防ぐことができ、月々サポートによる出費も減らせるということではないでしょうか。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー