bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

USB PD/USBハブ/超大容量のモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」が発売。今なら20%オフで

スマホとタブレットのセキュリティ

USB PD/USBハブ/超大容量のモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」が発売。今なら20%オフで

2月27日、Ankerが急速充電規格USB Power Deliveryに対応した超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」を発売した。

通常価格は10,999円だが、発売記念セールで限定500個が8,799円で販売されている。

“ビジネスシーンに最も似合うモバイルバッテリー”

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

「Anker PowerCore+ 19000 PD」の特徴は、超大容量バッテリーとUSB Power Deliveryによる急速充電、USBハブ機能の3つ。

バッテリー容量はiPhone XS/iPhone Xを約5回、Galaxy S9を約4回、MacBookを1回以上充電できる19,200mAhを搭載。大容量のバッテリーは充電に時間がかかってしまうが、付属のUSB-C急速充電器とUSB-C&USB-Cケーブルを使って充電することで、3.5時間で本体をフル充電にできる。

スマートフォンやタブレット、PCを充電できる端子は3つで、うち1つが急速充電規格のUSB PDに、2つがAnker独自の急速充電技術に対応している。

USB PDに対応した端子では最大27W出力による充電が可能だ。iPhone 8以降のiPhoneならば、USB-C to Lightningケーブルを使って30分の充電で最大50%の充電が可能。また、2時間足らずでフル充電にもできる。高出力を要求するノートPCやタブレットもこのモバイルバッテリーで充電が可能だ。

Ankerのモバイルバッテリーとして初めてUSBハブ機能も備える。電源ボタンを約2秒押すとUSBハブモードに切り替わって、充電端子を高速データ転送可能なUSBハブとして使用可能。例えば、MacBookとiPhoneを接続して写真や動画を転送したり、iTunesバックアップやデータ同期できる。

Anker PowerCore+ 19000 PD」が目指したのはビジネスシーンに最も似合うモバイルバッテリー。本製品一式だけで打ち合わせ続きの日や出張、カフェでの作業等、あらゆるシーンに対応できる。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Pixelの噂・最新情報

2019/07/21
「Pixel 4」のレンダー画像登場。“画期的な”新機能を搭載か

Appleニュース

2019/07/19
Apple丸の内、東京駅南口に年内オープンか

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/07/19
Powerbeats Pro、ブラックカラー以外の発売日は8月以降に

Android

2019/07/19
Google翻訳、コピペ不要の文字認識による翻訳機能に対応か
Recommendこんな記事も読まれています