任天堂、ニンテンドースイッチのアップデートモデルを準備中か

bio
Yusuke Sakakura

任天堂、ニンテンドースイッチのアップデートモデルを準備中か

ニンテンドースイッチシリーズの最新モデル「Nintendo Switch Lite」の発売を発表した任天堂。オリジナルモデルのアップデートも計画していることが明らかになった。

CPUとストレージをアップデートか

任天堂がオリジナルモデルのニンテンドースイッチに関する変更届をFCCに提出したことがThe Vergeの報道でわかった。届の内容はSoCとNAND Memoryの変更とそれに伴うCPUボードの変更となっている。

SoCとはSystem-on−Chipの略称でCPUやGPUなどを含むチップ群で、NAND Memoryはデータを保存できるいわゆるストレージを意味している。

変更の内容は記述されていないが、「Nintendo Switch Lite」とオリジナルモデルの比較からLiteの方がバッテリーの持続時間がわずかに長く、Liteと同じSoCがオリジナルモデルに搭載されることで省電力化が実現する可能性も考えられる。(Liteの小さいディスプレイが省電力化に繋がっている可能性はある)

これからニンテンドースイッチの購入を検討している場合、新しいSoCが搭載されているのか気になるだろうが、今回のアップデートはサイレントアップデートになる可能性がある。

なお、任天堂はProモデルの新型Nintendo Switchの発売を計画しているとの報道もあるが、今回の件と関係があるかはわからない。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています