bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ソフトバンク、総務省に怒られたのりかえ割キャンペーンを4月15日で終了か

ソフトバンク

ソフトバンク、のりかえ割増額キャンペーンを4月15日で終了か

総務省が今月から適用した「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」によって、スマホの実質0円販売が本格的に禁止されることになりました。

ガイドラインの適用開始からたった5日で、ドコモとソフトバンクは総務省から指導されており、ソフトバンクはMNP時に実質0円以下で購入できる割引キャンペーンが問題とされていましたが、4月15日(金)をもって終了となるようです。

「のりかえ割パワーアップキャンペーン」、4月15日で終了か

ソフトバンクは、ガイドラインが適用された4月1日から、MNPでソフトバンクと契約すると割引が受けられる「のりかえ割」の割引額を減額。

その一方で、割引額を増額する「のりかえ割パワーアップキャンペーン」を終了期間を設けない形で提供を開始し、結果的には割引額が増額される形になっていました。

3月31日まで4月1日から
のりかえ割-1,290円×12ヶ月-432円×24ヶ月
のりかえ割
パワーアップキャンペーン
-450円×24ヶ月
合計-15,480円-21,168円

その結果、3月31日に発売されたばかりの「iPhone SE(16GB)」の実質支払額はマイナス10,368円になっており、これが総務省の指摘対象になったとみられています。

総務省から是正要請を受けたソフトバンクは、即日コメントを発表。総務省の是正要請を受け入れるとしたものの、反論の見解も発表していました。

是正要請から1週間が経ったものの、ソフトバンクに動きは見られず、産経新聞は再指導の可能性について報じていましたが、複数のショップがTwitterにて「のりかえ割パワーアップキャンペーン」が4月15日(金)に終了すると案内しています。




キャンペーンが終了すると、iPhone SE(16GB)の実質支払額は2年間で10,800円/月額450円となります。


コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPad

2019/03/19
ドコモ、新しい「iPad mini」と「iPad Air」の価格を発表

au

2019/03/19
au、新しい「iPad mini」と「iPad Air」の価格を発表〜実質5,400円から

ソフトバンク

2019/03/19
ソフトバンク、新しい「iPad mini」と「iPad Air」の価格を発表〜実質5,040円から

au

2019/03/19
au、新しい「iPad mini」と「iPad Air」の予約受付をあす開始。発売日は3月下旬に
Recommendこんな記事も読まれています