bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2016-02-05 17:32:06
  • トップページ
  • Appleニュース
  • アップル、AndroidにiCloudなどサービスの拡大提供か
  • アップル、iCloudなどのサービスをAndroidに提供検討か

    アップルは、昨年11月に音楽聴き放題サービスの「Apple Music」をAndroid向けに提供しました。

    アップルがAndroidにサービスを提供するのはこれが初めてとなり、最近ではSDカードへの楽曲保存を可能にするなど力も入れていますが、アップルは今後も自社サービスをAndroidに提供することを検討しているようです。

    アップル、Android版「Apple Music」はサービス成長のテスト目的と語る

    アップルが先日開催した決算説明会の参加者によると、ティム・クックCEOは他のプラットフォームを通じてサービスを成長させるためのテストとして、Android版「Apple Music」を使用したと語ったようです。

    Cook said that Apple is using Apple Music on Android as a way of testing the waters for growing its services division through other platforms, opening up the door for more porting in the future.

    引用元:Tim Cook holds company-wide Town Hall, talks iPhone dependence, benefits, pipeline & India | 9to5Mac

    Apple Musicは昨年6月に世界100ヶ国以上でサービスを開始。たった1ヶ月で無料トライアルの利用者数が1,100万人に達し、3ヶ月間のトライアル期間が最初に終了した10月には、有料会員が650万人、トライアル利用者が850万人になったことを明らかにしています。

    AndroidにApple Musicが提供されたのは11月で、それ以降アップルはApple Musicの利用者数を明かしておらず、Androidユーザーにどれぐらい刺さっているかは不明です。

    iCloudの拡大提供でiPhoneとiPadの売上増加も

    アップルが発表した2016年度第1四半期(2015年10月〜12月)の業績では、これまで業績の柱となっていたiPhoneの販売台数がわずか0.4%の成長に留まり、過去最低の伸びになりました。

    それでも、過去最高の売上と利益を記録したのはサービス事業が26%もの成長を遂げたことにあります。サービス事業にはiTunesの有料コンテンツ、Apple Music、App Store、ライセンス、Apple Pay、iCloudの業績が含まれています。

    これらのサービス事業を他のプラットフォームで成長させるのだとしたら「iCloud」が最も現実的でしょう。

    アップル、iCloudなどのサービスをAndroidに提供検討か

    Androidの写真や動画、音楽、アドレス帳、その他データをiCloudにバックアップできれば、50GBを130円から販売するクラウドストレージで利益を上げることができます。

    さらに、Androidから移行する場合は、iPhoneのセットアップ時にApple IDにログインするだけでAndroidで撮影した写真や動画、音楽をiCloudから復元できるなど、データ移行にアプリすら不要になります。

    買い替えの障壁はなくなり、iPhoneへの買い替えが進むはずです。業績不振に陥っているiPadもAndroidユーザーによる2台目需要の増加も見込めるでしょう。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Appleニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー