bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、通信速度が国内最速の最大682Mbpsに〜Xperia XZも500Mbpsに高速化
  • ドコモ、通信速度が国内最速の下り682Mbpsに

    NTTドコモが、国内最速となる受信時最大682Mbpsの通信サービスを3月9日(木)から提供します。また、同日から対応機種として「Wi-Fi STATION N-01J」が発売されます。

    「Xperia XZ」など発売済みの機種も高速に

    ドコモは新技術「256QAM」と「4x4MIMO」を導入することで、3月9日から受信時の通信速度を最大682Mbpsまで高速化します。

    256AMは、一度に運ぶ情報量を増やすことで約1.33倍の高速化を実現。従来の375Mbpsから500Mbpsへ高速化します。4x4MIMOは、データ通信をやりとりする基地局と端末のアンテナ数を2つから4つに増やすことで従来の370Mbpsから512Mbpsに高速化され、両方の新技術に対応するデバイスでは最大682Mbpsまで高速化されます。

    受信時最大682Mbpsに対応するデバイスとしてモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」が3月9日に発売されます。また、256AMに対応する「Xperia XZ SO-01J」「V20 PRO L-01J」の2機種は受信時の通信速度が最大500Mbpsまで高速化されます。

    682Mbpsの対応エリアは東京23区や名古屋市、大阪市など東名阪エリアの35都市。東名阪以外のエリアでも632Mbpsの通信サービスを40都市で利用できます。

    ドコモ、通信速度が国内最速の下り682Mbpsに

    Wi-Fi STATION N-01J

    価格:26,568円
    月々サポート:-7,128円
    実質支払金:19,440円
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー