iPhone5Sはついにクアッドコアに!?回路基板がリーク→リーク画像は加工物かも

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/05/18 13:13

iPhone5Sはついにクアッドコアに!?回路基板がリーク→リーク画像は加工物かも


Appleが6月ごろの発売が噂される「iPhone5S」と思われる回路基盤がリークされました。
情報元
Leaked Photos: Apple iPhone 5S will come with A7 quad-core CPU and GPU, 2 GB of RAM

iPhone5Sは1.2GHzのクアッドコアを搭載?

iOS Docによると、リークされた回路基板には1.2GHz、クアッドコアのA7を搭載、RAMは2GBのものが搭載されているとのこと。

現行のiPhone5には1.3GHz、デュアルコアのA6が搭載、RAMには1GBが搭載されているので、いずれもスペックアップされるようです。

また、iOS DocではiPhone5Sには改善されたSiriが特徴のiOS7が搭載されると伝えています。

iPhone5と酷似・・・偽物だったりして?

iOS Docではリークされた回路基板の情報源を信頼度の高い関係筋としていますが、9to5MacではA7の「7」の文字に加工された形跡があるとしています。

同じようにリーク画像を拡大してみましたが、確かに「7」の文字あたりににじみがあるような気がしますね。9to5Macでも同じ箇所の画素が不自然としています。


基盤のサイズもiPhone5と同じようですし、今回のリーク画像が加工物と断定することはできませんが、可能性は高いようです。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています