bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iPhone5Sはついにクアッドコアに!?回路基板がリーク→リーク画像は加工物かも


Appleが6月ごろの発売が噂される「iPhone5S」と思われる回路基盤がリークされました。
iPhoneの噂・最新情報
情報元
Leaked Photos: Apple iPhone 5S will come with A7 quad-core CPU and GPU, 2 GB of RAM

iPhone5Sは1.2GHzのクアッドコアを搭載?

iOS Docによると、リークされた回路基板には1.2GHz、クアッドコアのA7を搭載、RAMは2GBのものが搭載されているとのこと。

現行のiPhone5には1.3GHz、デュアルコアのA6が搭載、RAMには1GBが搭載されているので、いずれもスペックアップされるようです。

また、iOS DocではiPhone5Sには改善されたSiriが特徴のiOS7が搭載されると伝えています。

iPhone5と酷似・・・偽物だったりして?

iOS Docではリークされた回路基板の情報源を信頼度の高い関係筋としていますが、9to5MacではA7の「7」の文字に加工された形跡があるとしています。

同じようにリーク画像を拡大してみましたが、確かに「7」の文字あたりににじみがあるような気がしますね。9to5Macでも同じ箇所の画素が不自然としています。


基盤のサイズもiPhone5と同じようですし、今回のリーク画像が加工物と断定することはできませんが、可能性は高いようです。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/05/25
ソフトバンク、3段階の新しい料金プランを発表。通話料込みで1GB・月額1,980円から

iPhoneの噂・最新情報

2018/05/25
新型iPhone、6.1インチ・有機ELのディスプレイパーツが流出!?

セール

2018/05/25
最大1,000円オフ、アプリ版ドラゴンクエストIV〜VIIIの3日限定セール開催中!

スマホアプリ

2018/05/25
少年ジャンプ+「HUNTER×HUNTER」50話を無料配信!
Recommendこんな記事も読まれています