買い替え不要でおトクに。auが新しい残価設定型の「スマホトクするプログラム」開始

bio
Yusuke Sakakura

買い替え不要でおトクに。auが新しい残価設定型の「スマホトクするプログラム」開始

auが2020年に導入した業界初の残価設定型スマホ購入プログラム「かえトクプログラム」を改変した新しい端末購入サポートプログラム「スマホトクするプログラム」を発表しました。

かえトクプログラムは、2年後の買い取り価格を“残価”として設定し、本体価格から残価分を除いた価格を23回分割で支払い、新しい機種に買い替えて端末を返却すると、残価の支払いが不要になるというものでした。

新しい「スマホトクするプログラム」は、auの回線契約がなくても利用可能。新しい機種への買い替えも不要になります。

iPhone 13シリーズも対象の「スマホトクするプログラム」

iPhone 13シリーズの予約開始日の9月17日から無料の「スマホトクするプログラム」の提供がスタートします。

「スマホトクするプログラム」は、24回払いを条件に対象機種を購入すると、購入機種の2年後の買取価格を“残価”として設定し、本体価格から残価分を除くことで23回の支払いまでは負担の少ない金額で支払えるプログラム。

対象機種
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • Xperia 1 III
  • Galaxy S21 5G
  • その他スマートフォン

例えば、機種代金が96,600円で残価が38,640円に設定された機種を「スマホトクするプログラム」で購入すると、本体価格から残価分を除いた57,960円分を23回で分割した金額、約2,520円を毎月支払います。

「スマホトクするプログラム」時の支払いイメージ

購入後13カ月目~25カ月目までに、購入した機種を返却するだけで最終回支払い分=残価分の支払いが不要になるほか、機種を返却したくない場合は、最終回支払い分を24回で分割した金額を支払う(審査が必要)か、一括で支払うことも可能です。

最終支払い分の再分割イメージ

また、「スマホトクするプログラム」で購入した機種代金の支払い方法をau PAY カードに設定すると、最大で支払総額の5%相当のPontaポイントを還元する「スマホトクするボーナス」もスタートします。

機種代金が96,600円の場合は合計4,830ポイントが還元されます。

新しい端末購入サポートプログラム「スマホトクするプログラム」の開始に伴い、「かえトクプログラム」の新規受付は9月16日をもって終了します。最終回支払い分に対する特典利用について申し出がない場合、最終回支払分を再度24回に分割するよう条件を改定するとのこと。

オンラインショップで購入オンライン購入なら待ち時間なし・送料無料・ドコモ・楽天・ソフトバンク(自宅受け取り)は事務手数料無料なし!!

ドコモオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

auオンラインショップ

楽天モバイル

Apple公式サイト

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています