速報:DAZN、料金値上げと新プランを正式発表。月3,000円、年27,000円に。プリペイドは旧料金で利用可

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/01/21 19:13

速報:DAZN、料金値上げと新プランを正式発表。月3,000円、年27,000円に。プリペイドは旧料金で利用可

DAZNが「月間プラン」および「年間プラン(一括払い)」の料金改定を正式発表しました。いずれも値上げで、2月22日から順次値上げされます。

また、分割で支払える12ヶ月間契約の「年間プラン(月々払い)」が新たに登場します。

お得なDAZNプリペイドカードは2月22日以降に値上げ

これまで「月間プラン」は月額1,925円で提供されていましたが、2022年2月22日から月額3,000円に改定されます。

「年間プラン(一括払い)」は19,250円から27,000円に値上げされます。iOS版DAZNのアプリから加入する場合は、19,400円から27,800円への値上げです。

2月22日以降に契約する新規ユーザーだけでなく、既存のユーザーも価格改定の対象です。2月22日以降、最初の請求日から値上げ後の価格を支払う必要があります。また、2月22日以降は1カ月の無料体験も廃止になります。

値上げと同時に「年間プラン(月々払い)」が新たに登場します。

総額31,200円を12回の分割で支払えるプランで、月額に換算すると2,600円となるため、月間プランに比べて1ヶ月400円、年間で4,800円おトクに利用できます。ただし、視聴期間中の退会や返金は不可と案内されています。

なお、DAZNプリペイドカードについては2月22日以降は新料金での販売になるものの、すでに購入したDAZNプリペイドカードについてはコードの有効期限内であれば、2月22日以降も追加料金なしでそのまま利用できます。値上げの影響を受けたくない場合は、Amazon.co.jp楽天市場などで「DAZNプリペイドカード」購入しておくことをおすすめします。

DAZNプリペイドカードが売り切れた場合は、1ヶ月1,925円、3ヶ月5,775円、6ヶ月9,625円、12ヶ月19,250円で販売されている楽天市場のDAZN認定店を利用しましょう。

2021年度DAZN年間視聴パスについては2月22日以降も追加料金なしで、視聴期間終了まで利用可能。2022年DAZN年間視聴パスについては、2022年3月31日までの販売期間中は、現在の価格19,250円で購入できるとのこと。

DAZNはドコモやauといったキャリアからも契約が可能ですが、当メディアから広報部に問い合わせたところ、auも同じように値上げするとの回答を得ました。ただし、povo2.0で提供されている「DAZN使い放題パック(7日間)」の料金へ変更ありません。

DAZN for docomoを提供しているドコモからは「値上げ等、決まった事実はない」との回答を得ました。

しかしながら、DAZN自身が値上げを発表したことから、DAZN for docomoも値上げされる可能性は高いでしょう。早期に契約したユーザーは月額1,078円で利用できましたが、こちらにも値上げが及ぶのか今後の発表に注目です。

値上げ前
2022年2月21日以前
値上げ後
2022年2月22日以降
月間プラン月額1,925円月額3,000円
年間プラン(一括払い)年額19,250円年額27,000円
年間プラン(月々払い)
  • 総額:31,200円
  • 分割:2,600円x12回
DAZNプリペイドカード購入済みのカードは、そのまま利用可
  • 月間プラン:月額3,000円
  • 年間プラン(一括払い):年額27,000円
2021年度DAZN年間視聴パス視聴期間終了まで追加料金なし
2022年DAZN年間視聴パス2022年3月31日までの販売期間中は、19,250円で購入可
DAZN(au)月額1,925円月額3,000円
DAZN for docomo
  • 2020年9月30日までに契約:月額1,078円
  • 2020年10月1日以降に契約:月額1,925円
ドコモ広報部「値上げ等、決まった事実はない」
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています