更新:ソフトバンク元社員逮捕。技術情報を不正持出し→楽天モバイルへ転職

ソフトバンク

更新:ソフトバンク元社員逮捕。技術情報を不正持出し→楽天モバイルへ転職

1月12日、ソフトバンクが楽天モバイルに勤務する人物が警視庁に不正競争防止法違反の容疑で逮捕されたことを明らかにした。

楽天モバイルに勤務する人物は2019年末にソフトバンクを退社した元社員でネットワークの構築に関する業務に従事していたという。

なお、元社員はソフトバンク在籍中に顧客情報や通信の秘密に関わる情報、通信サービスの提供先である法人顧客の取引先に関する情報といったアクセス権限は保持していなかったとのこと。

楽天モバイルへ民事訴訟を提起する予定

2020年2月に元社員による技術情報の不正持出しが判明。ソフトバンクによれば4Gおよび5Gネットワーク用の基地局整備、基地局同士や基地局との交換機を結ぶ固定通信網に関する技術情報が持ち出されたと説明。

持ち出された技術情報は元社員が利用する楽天モバイルの業務用PC内にソフトバンクの営業秘密が保管されていて、楽天モバイルが営業秘密をすでに何らかの形で利用している可能性が高いという。

その上で、今後楽天モバイルが営業秘密を事業に利用することがないよう営業秘密の利用停止と廃棄等を目的とした民事訴訟を提起する予定(検討ではない)であることを明らかにし、元社員には損害賠償請求を含めた措置も視野に入れて今後の対応を検討しているとのこと。

ソフトバンクは全社員に対して定期的に秘密保持契約の締結やセキュリティ研修などを実施してきたが、今回の出来事を受けて再発防止策として退職予定者の業務用情報端末によるアクセス権減の停止や利用制限の強化などの追加施策を2020年3月以降に順次実施しているそうだ。

UPDATE:2021/01/12 13:57楽天モバイルの山田社長は社内調査の結果、現時点までに前職により得た営業情報を楽天モバイルでの業務に利用していたという事実は確認されておらず、5Gに関する技術情報も含まれていないとのコメントを発表した。END OF UPDATE

この度、楽天モバイル株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:山田 善久)の従業員1名が、不正競争防止法違反の容疑により逮捕されました。
弊社では、社内調査を徹底しており、現時点までに、当該従業員が前職により得た営業情報を 弊社業務に利用していたという事実は確認されておりません。また5Gに関する技術情報も含まれておりません。
関係者の皆様にご心配をお掛けしておりますことは、誠に遺憾です。引き続き、事態の解明に向け、警察の捜査に全面的に協力していくとともに、厳粛に対処してまいります。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 mini、本体の厚みとカメラの出っ張り増加?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/16
iPhone 13 Pro Maxのサイズ判明か。図面流出

au

2021/04/16
携帯3社、オンラインで端末のみ購入解禁へ。ドコモは非契約者にケータイ補償サービス提供
Recommendこんな記事も読まれています