bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • NTTドコモ
  • 「LYNX 3D SH-03C」 – 3D液晶搭載のAndroidケータイ。

  • NTTドコモの2010年冬モデルであるシャープ製の「LYNX 3D SH-03C」は、OSにAndroid 2.1を採用したスマートフォン。

    「LYNX 3D SH-03C」は、メインディスプレイに3.8インチの3D液晶を搭載したモデル。3D液晶を搭載することで、3D対応のゲームや動画を楽しむことができ、カメラ機能として3D画像の撮影や2D画像を3D画像へ変換することも可能となります。ドコモマーケットでは3Dコンテンツが提供されるとのこと。

    また、スマートフォンながらおサイフケータイやワンセグ、赤外線通信機能を備えています。

    春にはAndroid 2.2にアップデート提供予定。

    SH-03Cの発売日。
    ・2010年12月発売予定

    SH-03Cのスペック。
    ■サイズ
    ・約62×123×13.4mm

    ■重さ
    ・約140g

    ■メインディスプレイ
    ・約3.8インチ
    ・WVGA
    ・NEWモバイルASV液晶
    ・480×800ドット
    ・65,536色

    ■サブディスプレイ
    ・-

    ■メインカメラ
    ・有効画素数約960万画素
    ・CCDカメラ
    ・顔優先オートフォーカス対応

    ■サブカメラ
    ・-

    ■連続待受時間
    ・約410時間

    ■連続通話時間
    ・約270分

    ■外部メモリ
    ・microSD
    ・microSDHC

    ■ボディカラー
    ・Pure White
    ・Ink Black
    ・Fairy Blue

    ■備考
    ・spモード
    ・ドコモマーケット
    ・GPS(海外対応)
    ・ワンセグ
    ・おサイフケータイ
    ・赤外線通信機能
    ・フルブラウザ
    ・タッチパネル
    ・QWERTYキーボード
    ・Wi-Fi(無線LAN)
    ・Bluetooth
    ・HSPA
    ・WORLD WING(3G+GSM)
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー