2015-07-07 15:29:39
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • SIMロック
  • ドコモ、SIMロック解除の条件を一部変更――購入日から利用可能に
  • ドコモ、SIMロック解除の条件を緩和

    NTTドコモは、今年5月に発表したSIMロック解除の条件を7月13日より一部変更することを発表しました。

    前回の利用から6ヶ月以上経過でSIMロック解除が可能に

    NTTドコモが5月に発表したSIMロック解除では、2015年5月以降に発売される機種については、「端末の購入日から6ヶ月間はSIMロックを解除できない」という条件が追加されました。

    2015年4月までに発売された機種には6ヶ月の「解除制限期間」がなかったため、ドコモのユーザーからは「改悪だ」「一括で購入したのに解除制限期間が設定されるのはおかしい」など批判の声が非常に多くなっていました。

    これを受けてドコモは、SIMロック解除の条件を(契約回線において※1)前回のSIMロック解除利用(※2)から6ヶ月以上が経過していれば、端末を購入したその日からSIMロックの解除が可能に変更することを発表しました。

    条件の変更は、7月13日より開始され、2015年5月以降に発売された機種をすでに購入したユーザーも対象となります。

    ※1:契約回線において – ドコモ広報部に確認したところ、同一名義で複数回線契約している場合は、回線ごとに条件が適用にされるとのことでした。

    ※2:前回のSIMロック解除利用 – 過去にSIMロック解除の利用実績がない場合(新規契約やMNPも含まれる)は、これまでどおり6ヶ月間の解除制限期間が適用されるとのこと。(参考:NTTドコモ、SIMロック解除の受付条件を一部変更 新機種も一定条件下で購入当日からロック解除可能に – ITmedia Mobile

    緩和前緩和後
    端末の購入日から7ヶ月以上経過していること前回のSIMロック解除から6ヶ月以上経過していること

    ※解約後の端末については、「回線の解約日から3ヶ月以内」という条件が引き続き適用されます。

    ドコモは、今年秋の発売が噂される次期iPhoneについても発売されることがあれば、SIMロックの解除に応じるとしており、iPhone 6s / 6s Plusがドコモから発売されるのであれば、今回発表された条件において、発売日にSIMロックの解除が可能になります。

    SIMロックの「解除制限期間」は、ドコモだけでなく、auとソフトバンクについても同様の条件を設けていますが、ドコモが条件を緩和したことによって2社も追随して欲しいですね。


    ▼追記/変更 2015.07.07 16:50

    条件の変更を再確認して内容を追記しました。それに応じて記事のタイトルも変更しています。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    SIMロックの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー