bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iOS 11
  • iOS 11の新機能:ようやくiPhoneのカメラでQRコードの読み取りが可能に
  • iOS 11の新機能:ついにiPhoneのカメラでQRコードの読み取りが可能に

    iOSの登場から10年、iPhoneのカメラではQRコードを読み取ることができなかった。App Storeから専用のアプリをインストールしたり、LINEやChrome、Twitterが用意するQRコード読み取り機能を使っていた人も多かったはず。

    本日、2017年9月20日に公開された「iOS 11」でようやく標準のカメラアプリでQRコードの読み取り可能になった。

    「iOS 11」でついにQRコードの読み取りに対応

    iOS 11にアップデートしたiPhoneまたはiPadでQRコードを読み取るにはカメラアプリを起動してQRコードをかざすだけで自動でスキャンされる。スキャンが完了すると通知が表示されるのでタップするとSafariでリンク先のウェブサイトにアクセスできる。

    iOS 11の新機能:ついにiPhoneのカメラでQRコードの読み取りが可能に

    Safariでリンクを開く以外にも「連絡先」アプリに電話番号やメールアドレスなど連絡情報を追加、「カレンダー」アプリに予定を追加、「メール」アプリを起動して新規メールの作成、「メッセージ」アプリを起動して新規メッセージの作成、「マップ」アプリで地図の表示、Wi-Fiスポットへのカンタン接続、電話番号を自動入力して音声通話の発信、指定されたアプリの特定画面を表示(コールバック)など様々なQRコードをサポートする。

    単純にQRコードの読み取りに対応したわけではなく、読み取ったQRコードに応じて起動するアプリが変わるなどAppleらしい工夫も見られる。それぞれの動作がどういった場面で利用するのか、何が便利になるかを表にまとめた。

    Safariでサイトを開く一般的な使い方
    連絡先に連絡情報を追加名刺から連絡情報を連絡先に追加
    カレンダーに予定を追加パンフレットからイベント情報をカレンダーに追加
    メールを新規作成アドレスを手入力することなくメールの送信が可能に
    メッセージを新規作成アドレスまたは電話番号を入力することなくメッセージの送信が可能に
    マップで地図を表示パンフレットからイベントの開催地を表示する
    Wi-Fiスポットに接続パスワードの入力が不要に
    音声通話の発信電話番号を手入力することなく音声通話が可能に
    コールバックURLアプリの操作をサポートなど幅広く使える
    HomeKit製品のセットアップNFCタグに加えてQRコードでセットアップが可能に

    QRコードを読み取る機会はそんなに多いわけではないが、それでも機会がまったくないわけでもない。必要な時にApp Storeから専用アプリをダウンロードしていた人も多いはずだが、これからはiPhoneの標準カメラで読み取りが可能になる。

    もちろんロック画面からカメラを起動してQRコードを読み取ることも可能。ホーム画面でカメラアプリを探さなくてもスグにスキャンできる。なお、ロック画面からQRコードを読み取りした場合は通知をタップしたあとにFace IDまたはTouch ID、パスコードを入力すると指定のアプリが開く。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iOS 11の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー