2015-06-07 15:05:55
  • トップページ
  • au
  • auと関西電力が提携へ、スマホと電気のセット割を実施
  • auと関西電力が提携へ――スマホと電気のセット割を実施

    携帯電話事業のauを提供するKDDIが関西電力と提携し、来年の2016年4月から携帯電話およびスマートフォンと電気料金のセット割を提供することがわかりました。

    KDDIと関西電力が事業提携、2016年4月から「セット販売」をスタート

    JNNの報道によると、KDDIと関西電力は首都圏での家庭向けの電力販売で提携する方針を固めたとのこと

    関西電力とKDDIが首都圏での家庭向けの電力販売で提携する方針を固め、来年4月以降の販売開始を目指していることがわかりました。

    引用元:「関電とKDDI、首都圏での電力販売で提携へ」 News i – TBSの動画ニュースサイト

    携帯電話事業者と電力会社の提携は、2016年4月より家庭向けの「電力小売りの自由化」によるもの。これによって、これまで「各地域で1社のみ」とされていた電力販売の制限が撤廃され、電力会社は他の地域での顧客獲得が望めます。

    電力会社は通信サービスの全国販売や料金回収のノウハウを持っている携帯電話事業者と提携を行い、携帯電話と電力をセットで契約することで毎月の料金を割り引く「セット割」を提供することで、顧客獲得につなげたい狙いがあるようです。

    現在は、各電力会社が提携を行う携帯電話事業者を検討している段階。すでにソフトバンクと東京電力が提携する意向を示しており、今回の報道はそれに次ぐものとなります。

    日経の報道によれば、関西電力は首都圏で電力販売を始め、その後他の地域で事業を展開することも検討しているとのこと。

    関電は地盤である関西圏についてはKDDIだけでなく、NTTドコモやソフトバンクともセット販売を検討する。圧倒的なシェアを持つ域内で顧客を取られないように3社と提携する方針だ。

    引用元:関電、KDDIと提携へ 首都圏でセット割引  :日本経済新聞

    電力販売の自由化は、顧客獲得が望める一方、関西電力のホームである関西地区では他社への顧客流出が起きる可能性もありますが、関西電力は関西地区のみauのほかにもドコモ、ソフトバンクと提携してセット販売を行うことで顧客流出を防ぐ狙いがあると伝えています。

    セット割といえば、今年3月からスタートした固定回線と携帯電話向け回線のセット割では、手続きが面倒なわりに割引率が低いため、値段が高くてもそのままという人も多いかと思います。

    携帯電話の料金を大幅に安くできる格安SIMと格安スマホが流行りを見せており、キャリアと契約して電気とのセット割を利用するよりも格安SIMを利用して、携帯電話の料金を抑えたいという人も多いはず。

    果たして携帯電話と電気のセット割が大きな影響を与えることになるのでしょうか。

    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    auの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー