bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • Apple Watch
  • Twitter、最新バージョンで「Apple Watch」アプリを取り下げ。不具合が原因か
  • Twitter、最新バージョンで「Apple Watch」アプリを取り下げ

    Twitterが9月26日に配信した最新版のiOS向けアプリで「Apple Watch」アプリを取り下げたことが明らかになった。

    watch OS4やApple Watch Series 3で不具合続出が原因か

    現在、App StoreでTwitterのページにアクセスすると、“この App は iPhone、iPad の両方に対応しています。”と表示され、対応デバイスにApple Watchが含まれていないことが確認できる。

    TwitterアプリのApple WatchサポートはApple Watchが発表された2014年9月のスペシャルイベントで発表された。ツイートの通知やお気に入り(現:いいね)、リツイート、ツイートの投稿、タイムラインやトレンドの確認などの操作ができたが、現在は利用することができなくなっている。

    Twitter、最新バージョンで「Apple Watch」アプリを取り下げ

    スペシャルイベントで発表されたApple Watch版のTwitterアプリ

    MacRumorsによれば、Appleが9月20日に配信を開始した「watchOS 4」をインストールしたApple Watchにおいて通知に表示されるTwitterのアイコンが正しく表示されない(他のアプリでも発生している)、クラッシュするといった不具合が確認されていた。また、9月22日に発売されたばかりのApple Watch Series 3でアプリが起動しない致命的な不具合もTwitterで多数報告されている。

    Twitterは取り下げた理由だけでなく事実も明らかにしていないが、「watchOS 4」や「Apple Watch Series 3」で発生している不具合が解消するまでApple Watchアプリを一時的に取り下げた可能性が高い。GoogleマップやAmazon、eBayのようにサポートを終了した可能性も考えられる(Googleマップは再サポートを検討しているとコメントしたが、何の動きもない)が、一時的な取り下げと見るべきだろう。

    発売されたばかりの「Apple Watch Series 3」はモバイルデータ通信をサポートすることでiPhoneがないワークアウト中でもTwitterアプリが利用できただけに早急に復活して欲しいところだ。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Apple Watchの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー