Woooケータイ H001 – 世界初の3D表示対応ディスプレイを搭載。

bio
Yusuke Sakakura

Woooケータイ H001 – 世界初の3D表示対応ディスプレイを搭載。


auの2009年春モデルとして発表された日立製作所製の「Woooケータイ H001」は、世界初の3D対応の液晶ディスプレイを搭載したモデルとなっています。

「Woooケータイ H001」は、世界初となる「3D対応」の液晶ディスプレイを搭載したWoooケータイ。
メインディスプレイには、FWVGA表示対応の3.1インチ、3D表示対応のIPS液晶を採用しています。3Dへの変換はハードウェア処理で行われ、ワンセグなど様々なコンテンツを立体表示することが可能となっています。

また、「グローバルパスポートCDMA」やモバイル辞典、Bluetoothなどに対応しています。

3D表示対応のディスプレイ・・・この目で確かめてみたいです。

Woooケータイ H001のスペック。
■サイズ
・約51×111×18.6mm

■重さ
・約145g

■メインディスプレイ
・約3.1インチ
・FWVGA表示対応
・IPS液晶
・3D表示対応

■サブディスプレイ
・5×15LED

■メインカメラ
・有効約500万画素CMOSカメラ
・手ブレ補正機能
・顔認識機能
・オートフォーカス対応

■サブカメラ
・-

■連続待ち受け時間
・約260時間

■連続通話時間
・約220分

■外部メモリ
・microSD(最大2GB)

■備考
・LISMO Video
・着うたフルプラス
・Bluetooth
・グローバルパスポートCDMA
・Touch Message
・au Smart Sports
・Run&Walk
・ワンセグ
・EZナビウォーク
・EZ助手席ナビ
・安心ナビ
・災害時なバイ
・おサイフケータイ
・デコレーションメール

■ボディカラー
・フレイムレッド
・ソリッドシルバー
・ネオンパープル

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています