bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2019年の新型iPhone、トリプルカメラで超広角撮影と広範囲ズーム可能に。Lightning廃止も

iPhoneの噂・最新情報

2019年の新型iPhone、トリプルカメラで超広角撮影とズーム改善か。Lightning廃止も

Credit: Ben Geskin

やはりAppleが今年発売する新型iPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載される可能性が高いようだ。長年採用されてきたLightning端子は廃止され、昨年発売されたiPad Proにも搭載されたUSB-Cに置き換わることも計画されているという。

Bloombergによると、Appleは昨年発売したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRのアップグレードを計画しているという。これは昨年と同じく3機種の新しいiPhoneが今年発売されるということを示す。

メインのアップグレードとしてカメラが改善される。なかでもiPhone XS Maxの後継機には現行モデルから1つのレンズが増えたトリプルレンズカメラが搭載されるようだ。レンズが2つから3つに増えることでより広い範囲を撮影できるようになり、より遠い距離のズーム撮影も可能になるという。

アップグレードされるiPhoneのカメラ

広角レンズによって広範囲を写真および動画に収めることができるため、通常のレンズでは入り切らなかった被写体をソフトウェアによって自動で修復する機能も検討されているようだ。

Appleは2015年に追加した「Live Photos」の改善も計画しているという。Live Photosはシャッターを押した前後1.5秒の動画と音声を記録する機能。新しいLive Photosでは前後3秒の動画と音声を記録できるようになるとのこと。Live Photosで撮影した動画は写真アプリの編集機能によってループや逆再生、長時間露光といったエフェクトが利用できるが、撮影時間が2倍に伸びることで新しい映像が撮影できるはず。特に長時間露光で効果的だろう。

もう1つの大きなアップデートはLightning端子の廃止。Appleは長らく独自規格の端子をiPhoneに搭載してユーザーを悩ませてきたが、ついにUSB-C端子に切り替わるという。AppleはこれまでにMacBookやiPad ProでUSB-Cを搭載している。これからはケーブル1本で充電やデータ転送、バックアップができるかもしれない。

このほかにもアップグレードされたプロセッサが搭載され、顔認証「Face ID」のセンサーもアップデートされるという。昨年発売されたiPhoneでは“先進的なSecure Enclaveと新しいアルゴリズム”によって高速化されているとアピールされていたが実感が沸くものではなかった。

顔認証は精度改善か

かつてはiPhoneのみに搭載されていた3D顔認証も現在は「HUAWEI Mate20 Pro」などのAndroidの一部機種で採用されていて、次期「Android Q」では標準サポートになるとの噂もある。搭載することで差別化できなくなった現在、顔認証の高速化に期待したい。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

PayPay

2019/04/22
PayPay、アプデで「ペイペイ」の音量調整と新機能「わりかん」が追加

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2019/04/22
JALの搭乗券をiPhoneのWalletアプリで管理する方法

LINEモバイル

2019/04/22
LINEモバイル、au回線プランが今日からスタート。毎日ニンテンドースイッチが当たる特典も

セール

2019/04/20
最大半額、Ankerのモバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホン/スピーカーなど45製品がセール中
Recommendこんな記事も読まれています