DRAPE – アールデコ調デザインを採用。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

DRAPE – アールデコ調デザインを採用。


「DRAPE」(W46T)は、コンセプター・坂井直樹氏がプロデュースしたアールデコ調のデザインが特徴的な東芝製WIN端末。直線や流線型を幾何学的にアレンジしたアールデコ全盛時代のラグジュアリー感を表現したとしており、操作キー部分は金属の質感を用いている。画面デザインもアールデコの時代のモチーフが採用されている。
DRAPE(ドレープ)とは、ゆったりとしたひだ、自然にできた布などのたるみを指す言葉。

「テレビ電話」機能に対応し、最新サービスの「EZチャンネルプラス」「EZニュースフラッシュ」「au My Page」「デコレーションメール」などに対応する。

メインディスプレイには約2.6インチのQVGA液晶を搭載。大きさは約51×108×24mm。連続待受時間は約250時間で、連続通話時間は約180分(大きさ、待受・通話時間はいずれも暫定値)。外部メモリカードはmicroSDカード。


・・・・・・・なんじゃこりゃ!!!
携帯総合研究所DRAPEまとめスペック

■サイズ
・約51×108×24mm

■重さ
・検討中

■連続待ち受け時間
・約250時間

■連続通話時間
・約180分

■メインディスプレイ
・約2.6インチ
・240×320ドット

■サブディスプレイ
・約0.8インチ
・96×39インチ

■メインカメラ
・有効画素数324万画素カメラ

■サブカメラ
・有効画素数33万画素カメラ

■外部メモリ
・microSDカード

■ボディカラー
・ヴィクトリアンジェット
・ブロンズ
・シェルカメオ

■付属品
・SONY製高音質イヤホン

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています