W44K – 薄さ15mmで2メガAFカメラを搭載

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

W44K – 薄さ15mmで2メガAFカメラを搭載


「W44K」は、薄くコンパクトな携帯ながら、オートフォーカス付きの201万画素カメラを搭載しているWIN最薄端末となっている。

ディスプレイ側背面にあるサブディスプレイは、ハーフミラーパネルに隠された白色有機ELとなっており、ミラーパネルやメインディスプレイには、耐久性の高い強化ガラスを採用している。

キー部分は、ボタンとボタンの間に隙間がないフレームレスデザインを採用する。「フレグラントピンク」のみ数字ボタンのプリントに異なるデザインを採用している。

音楽再生機能としては、ヤマハの音質改善技術「DBEX」を搭載している。さらに、ソニー製のイヤホン「MDR-E0931」が付属される。メモリカードは、microSDカードに対応。内蔵データフォルダ容量は約40MBとなっている。


キレイなデザインの端末ですよね。
携帯総合研究所W44Kまとめスペック

■サイズ
・約51×103×15.3mm(暫定値)

■重さ
・119mm(暫定値)

■連続待ち受け時間
・約260時間

■連続通話時間
・約190分

■メインディスプレイ
・約2.4インチ
・240×320ドット

■サブディスプレイ
・約0.76インチ
・96×39インチ

■メインカメラ
・有効画素数201万画素AF付きカメラ

■サブカメラ
・-

■外部メモリ
・microSDカード

■ボディカラー
・スティルネスシルバー
・フレグラントピンク
・ラストラスブラック

■付属品
・SONY製高音質イヤホン
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています