bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、今日から「iコンシェル」をスマートフォンでも利用可能に。

NTTドコモ

ドコモ、今日から「iコンシェル」をスマートフォンでも利用可能に。


NTTドコモは3月22日(木)より「iコンシェル」をスマートフォン向けに提供すると発表しました。
利用料金は月額105円で申し込みから30日間は無料で利用が可能で、さらに4月30日までに利用を申し込んだ場合、60日間無料で利用可能になります。

また、「iコンシェル」の利用にはspモードの契約が必須となります。
情報元:iコンシェル | サービス・機能 | NTTドコモ

「iコンシェル」では、ユーザーのいる時間と場所に合わせて性活エリアやライフスタイルに合わせた情報を通知するというもの。スマートフォンではタッチパネルと大画面を活かしたアプリが提供され、ホーム画面には雨雲が現在位置に近づいてることをお知らせするウィジェットの追加が可能になります。また、スケジュールとの連動も可能で、スケジュールを入力すると地図アプリと連携してアプリ上に場所を表示したり、ルート検索が行えます。

一方でフィーチャーフォンで提供しているデータ共有、フォトプリント、駐車場満空状態、おでかけナビは未提供となります。

「iコンシェル」の対応機種はP-01D、Q-pot.Phone SH-04D、GALAXY NEXUS SC-04D、Xperia PLAY SO-01Dを除いた2011年度冬春モデルのAndroidスマートフォンとなります。

ウィジェットとして利用できるのは雨雲アラームだけなのかな。他にも終電アラームなどもウィジェットとして提供されると便利だなー。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応

HomePod

2020/11/24
HomePod mini レビュー

iOS

2020/11/23
iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?
Recommendこんな記事も読まれています