NTTドコモの2012年冬モデル「SO-01E」がFCCを通過。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:26

NTTドコモの2012年冬モデル「SO-01E」がFCCを通過。


NTTドコモの2012年冬モデルとされ、Xperiaのハイスペックモデルと噂される「SO-01E」がFCCを通過したようです。
OET List Exhibits Report

「SO-01E」は8月に発表された「Xperia V」の日本向けモデルとされており、なぜかオランダでは実機が展示されていたりします。(当記事トップの右側の機種がSO-01Eとされています。)

NTTドコモでは今冬モデルよりLTEを複数の周波数帯で利用できるトライバンド対応モデルをリリースするようですが、「SO-01E」もそのうちの1機種とされています。FCCの公開資料によれば、800MHz、1500MHz、2100MHzでLTEをサポートされるとの記載があり、噂どおりトライバンド対応モデルとなるようです。

トライバンド対応によってLTEの接続性は向上し、3Gとの切り替え回数も減るためXiの最重要課題とされるバッテリーの持ち時間が完全に解消されるとまでは言えませんが、多少の恩恵はあるでしょうね。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています