bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

廉価版iPhoneの正体は「iPhone mini」?

iPhoneの噂・最新情報
Photo By gabofr
連日報道されている廉価版のiPhoneですが、更なる噂が浮上しています。

廉価版のiPhoneは「iPhone mini」?

DigiTimesやウォール・ストリート・ジャーナルは廉価版のiPhoneについて既存のiPhoneよりも安い部品が使われ、安価で販売されると報じています。

両メディアの報道の後にBloombergは、廉価版のiPhoneが「iPhone5」よりも小型化されると伝えています。

廉価版のiPhoneは1万円前後で販売?

さらに、Bloombergは廉価版のiPhoneは99〜149ドル、日本円で約8500円〜1万3000円で販売されるのではないかと報じています。発売時期については他の大手メディアと同じく2013年後半になるとのこと。

廉価版のiPhoneは大きいのか、小さいのか・・・?

前述した通りBloombergは廉価版のiPhoneはiPhone5よりも小さくなると報じていますが、Digitimesではディスプレイは既存のiPhoneよりも大きいものが搭載されると報じており、両メディアの報道内容は大きく異なります。

「廉価版のiPhone」or「iPhone mini」、実際に発売されるかどうかもわかりませんし、現段階で内容を追っても仕方ないところはありますが、それでもやっぱり気になってしまいますね!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2019/03/21
ついに第10世代目 低価格「Kindle」がフロントライト搭載で新登場

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善

楽天モバイルネットワーク

2019/03/20
更新:総務省、新規参入の楽天を優遇か 分離プラン義務化の対象外に?
Recommendこんな記事も読まれています