ドコモ、LTEの5倍速となる新データ通信規格を2015年に導入へ

bio
Yusuke Sakakura

ドコモ、LTEの5倍速となる新データ通信規格を2015年に導入へ

NTTドコモはLTEの5倍を誇る新しいデータ通信規格「LTE-Advanced」を2015年にも導入するようです。
情報元
朝日新聞デジタル:LTEの5倍超、高速携帯 ドコモ、15年に前倒し導入 – 経済・マネー

約1年前倒しでLTE-Advancedを投入へ

NTTドコモでは2012年3月に「LTE-Advanced」の開発を2015年度末に開発を終え、2016年度末に提供する計画でしたが、auやソフトバンクモバイルとの高速化競争に対抗すべく、2015年に前倒しして導入することを決定したと朝日新聞デジタルが報じています。

LTE-Advancedとは

LTE-Advancedは第4世代移動通信規格ー4Gの1つ。

ソフトバンクやauがサービス名に「4G」を付加した「4G LTE」や「SoftBank 4G」といったサービスを展開していますが、採用されているのは3.9GのLTEであり厳密に言えば4Gではありません。

LTE-Advancedの特徴としては、高い通信速度(ドコモでは187.5Mbpsを想定)のほか、LTEが動作する2GHz帯より高い周波数帯が用いられる(予定の)ため、電波が届きにくくなったり、対応エリアが狭くなってしまうことが挙げられます。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています