bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

au、2013年夏モデルで2.1GHz帯をサポートし、LTE時は下り100Mbpsに高速化へ

au
au、2013年夏モデルで2.1GHz帯をサポート、LTEは下り100Mbpsに高速化へ
auは本日発表した2013年夏モデル4機種において2.1GHz帯をサポートし、下り最大100Mbpsに対応することを明らかにしました。

iPhoneとiPadでも下り最大100Mbpsでデータ通信可能に

これまで発売されたauのAndroidスマートフォンは800MHz帯と1.5GHz帯をサポートしていましたが、2013年夏モデルでは、800MHz帯と1.5GHz帯に加えて2.1GHz帯をサポートすることが発表されました。

さらに、2.1GHz帯の通信速度が下り最大100Mbpsに高速化されることも明らかにされています。

もともと2.1GHz帯はiOSで利用されていたため、下り最大100Mbpsが利用できるのは2013年夏モデル4機種とiPhone5、iPad mini、iPad Retinaディスプレイモデルの計7機種となります。

現在発表されている対応エリアは四国地方のみとなっていますが、2013年6月以降順次拡大されるとアナウンスされています。
下り100Mbpsの対応エリアはこちらより確認できます。

一部のAndroidスマートフォンが2.1GHz帯をサポートしたことでiPhoneやiPadで利用できる通信網のトラフィックが増えることになりますが、結果的に基地局の整備が進むと良いですね。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/12/17
4日間限定、Apple IDに入金すると10%分をプレゼントするキャンペーン開始

キャッシュレス

2018/12/17
Origami Pay(オリガミペイ)の使い方を解説 始め方・使えるお店・支払い方法など

LINE Pay

2018/12/17
LINE Pay(ラインペイ)の始め方 カードの使い方やチャージ、支払いまで全まとめ

LINE Pay

2018/12/16
LINE Pay(ラインペイ)の使い方 QRコード支払いや割り勘も
Recommendこんな記事も読まれています