au、2013年夏モデルで2.1GHz帯をサポートし、LTE時は下り100Mbpsに高速化へ

Yusuke Sakakura

au、2013年夏モデルで2.1GHz帯をサポートし、LTE時は下り100Mbpsに高速化へ


auは本日発表した2013年夏モデル4機種において2.1GHz帯をサポートし、下り最大100Mbpsに対応することを明らかにしました。

iPhoneとiPadでも下り最大100Mbpsでデータ通信可能に

これまで発売されたauのAndroidスマートフォンは800MHz帯と1.5GHz帯をサポートしていましたが、2013年夏モデルでは、800MHz帯と1.5GHz帯に加えて2.1GHz帯をサポートすることが発表されました。

さらに、2.1GHz帯の通信速度が下り最大100Mbpsに高速化されることも明らかにされています。

もともと2.1GHz帯はiOSで利用されていたため、下り最大100Mbpsが利用できるのは2013年夏モデル4機種とiPhone5、iPad mini、iPad Retinaディスプレイモデルの計7機種となります。

現在発表されている対応エリアは四国地方のみとなっていますが、2013年6月以降順次拡大されるとアナウンスされています。
下り100Mbpsの対応エリアはこちらより確認できます。

一部のAndroidスマートフォンが2.1GHz帯をサポートしたことでiPhoneやiPadで利用できる通信網のトラフィックが増えることになりますが、結果的に基地局の整備が進むと良いですね。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

Twitter

2021/05/05
新着記事
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除

Android

2021/05/04
Android、2021年5月のセキュリティアップデート配信開始

iOS 14

2021/05/04
iOS 14.5.1配信開始。Appトラッキングの透明性に関する不具合を修正
Recommendこんな記事も読まれています