サムスン、GALAXY Tab3にインテル製のCPUを搭載

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2018/02/26 13:49

サムスン、GALAXY Tab3にインテル製のCPUを搭載


サムスンが本日発表した「GALAXY Tab3」の10.1インチモデルと8インチモデルにインテル製のCPUを搭載したと発表しました。

10.1インチはAtom Z2560、8インチはAtom Z2520を搭載か

これまでの「GALAXY Tab」ではNVIDIA製のTegraやQualcomm製のSnapdragonが搭載されていましたが、本日発表された「GALAXY Tab3」の10.1インチ版と8インチ版にはインテル製のCPUが搭載されることが明らかになりました。
韓国のサムスン電子(005930.KS: 株価, 企業情報, レポート)は3日、アンドロイド搭載タブレット端末「ギャラクシータブ」の新バージョンに米インテル(INTC.O: 株価, 企業情報, レポート)の半導体を採用したと発表した。

引用元:サムスン、インテル製半導体を「ギャラクシータブ」に採用と発表 | Reuters

型番等については公式サイトでも明らかにされていませんが、10.1インチモデルに関しては事前にリークされたベンチマークスコアからCloverTrail+を搭載していることがわかっており、今回の発表でクロック数が1.6GHzと発表されたことから恐らく「Atom Z2560」が搭載されているものと思われます。

8インチモデルに関しては1.5GHzと発表されていますが、CloverTrail+に該当するクロック数のCPUはなく、別のインテル製CPUが搭載されているか、1.2GHzの「Atom Z2520」がクロックアップされているものと思われます。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています