bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

日本はちょっと早かったのかも?サムスンが折りたたみ式スマホ「GALAXY Folder」を開発中!

Galaxyの噂・最新情報
サムスンが折りたたみ式のスマートフォン「GALAXY Folder」を開発中?
2年前の2011年夏モデルとしてシャープが発表した折りたたみ式のスマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」ですが、なんとサムスン電子が同じコンセプトの「GALAXY Folder」を開発していることが明らかになりました!

GALAXY Folderの実機画像がリーク!

CLIEN.netがサムスン電子が開発中の折りたたみ式スマートフォン「GALAXY Folder」の実機画像を掲載しています。

Androidのホーム画面とテンキーを確認することができますね。テンキーにはホームキー、メニューキー、戻るキーの他にカメラボタンなどが配置されています。


側面に配置されているはボリュームキーでしょうか。折りたたみ特有のヒンジ軸も確認できます。


なんと背面にもディスプレイが搭載されており、ダブルスクリーンの折りたたみスマートフォンとなるようです。


GALAXY Folderの取扱説明書もリーク!

「GALAXY Folder」の取り扱い説明書もリークされており、詳細なスペックも明らかになっています。「GALAXY Folder」の型番は「SHV-E400K」で、ディスプレイには3.7インチのLCD液晶を搭載、ボディサイズは約59.5×118×15.8mm、重さは179g、バッテリーは1820mAhとなるようです。

無線通信規格としてはLTE(Band 3 / Band 8)、WCDMA(Band1 / Band2)、GSM、Bluetooth 4.0をサポートするようですよ。

記事の冒頭にも記載したとおり、日本ではスマートフォンが発売され始めた時に携帯電話とスマートフォンの間を取った「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」がリリースされました。この他にもQWERTYキーボードを搭載したインターネットマシンなども発売されたわけですが、いずれもヒットすることはなく後継機の発売はありませんでした。

スマートフォンが普及した今、サムスン電子が同じようなコンセプトの新機種「GALAXY Folder」を発売するわけですが、もしかすると日本で販売された007SHなどの機種は時期が早かったのかもしれませんね。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINEの使い方

2019/04/18
LINEの新機能「トークBGM」の使い方を解説

LINE Pay

2019/04/18
LINE Payアプリの使い方を解説〜使えるお店の検索、クーポンの使い方も

LINE

2019/04/17
LINE、アプデでAndroid版のタブを上から下に移動。iPhone版と同じ配置に

LINE Pay

2019/04/17
速報:最大20%還元、LINE Payが“平成最後”の還元祭「超Payトク祭り」をあすから開催
Recommendこんな記事も読まれています