bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモがアメリカに再進出?

NTTドコモ

NTTドコモがアメリカに再進出?

NTTドコモが過去にアメリカ進出を目論んでいたことはご存知でしょうか?

NTTドコモは、6年前の2001年に米携帯電話会社の発行済み株式の約16%を約1兆1425億円で買収し、アメリカ進出を考えていましたが結局事業自体は何も進まず2004年にそのまま売却し、約4500億円の損をしてしまったという過去があります。

なぜ再度アメリカに進出しようと思ったのでしょうか?

NTTドコモがアメリカに再進出するのでは?と報じているのは28日付けのビジネスウイーク電子版、「3年前に米国での投資に失敗したNTTドコモは、新たな手法でアメリカへの進出に乗り出した」と報じています。


このような噂がされるようになった理由というのが現在、アメリカフロリダ州オーランドで行われる通信関連の展示会「CTIA WIRELESS 2007」においてNTTドコモが最大級のブースを構えていることがきっかけ。
このような報道に対して、ドコモは「世界中の業界関係者が集まるCTIAは、ドコモの技術力やサービスをアピールする機会であり、例年大きなブースを構えているが、報じられたような米国市場に本格進出する方針は今のところない」と、否定している。


アメリカと日本の採用している通信規格が異なるためNTTドコモがアメリカに進出するには、アメリカの携帯会社を買収する必要があります。日本でもMNP後苦戦しているドコモがアメリカに進出するというのは考えにくいものですが・・・。

ちなみに、CTIAのドコモブースには、インターネット接続サービス「iモード」関連技術をはじめ、音楽プレーヤー機能や電子マネーなどを搭載可能な「おサイフケータイ」機能を装備する携帯端末など、世界をリードする最先端の携帯電話技術を一堂に展示していました。(参考元:フジサンケイビジネスアイ

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

AirPods

2019/02/18
AirPods 2とAirPowerは2019年前半に発売か。米国外でApple Watchの心電図機能の開放も

iPadの噂・最新情報

2019/02/18
Apple、3つの新型iPadとiPad mini 5を2019年後半に発売か

iPhoneの噂・最新情報

2019/02/18
新型iPhone 11、すりガラスボディを採用か。他デバイスのワイヤレス充電に対応?

キャッシュレス

2019/02/18
ヨドバシカメラが独自のスマホ決済提供か。「ヨドペイ」が商標出願される
Recommendこんな記事も読まれています