bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ドコモ、VoLTE(ボルテ)を6月24日から提供開始!機種ごとの対応時期も明らかに

NTTドコモ
ドコモ、VoLTE(ボルテ)を6月24日から提供開始!
ドコモが2014年夏モデルと共に発表した従来よりも高音質な通話が可能となる「VoLTE(ボルテ)」ですが、6月24日(火)朝4時より提供を開始することを発表しました!

「VoLTE(ボルテ)」に対応する今夏モデルについてはソフトウェアアップデート後、利用可能になるとされており、アップデートの提供時期についても発表されています。

VoLTE(ボルテ)対応アップデートの提供時期

現在、発表されているVoLTEの対応機種とアップデート提供時期は以下のとおりとなっています。
機種名発売時期アップデート提供時期
GALAXY S5発売済み6月24日(火)
Xperia Z2 SO-03F発売済み6月下旬予定
AQUOS ZETA SH-04F発売済み6月下旬予定
ARROWS NX F-05F発売済み7月下旬予定
AQUOS PAD SH-06F6月20日(金)7月下旬予定
Xperia Z2 Tablet SO-05F6月下旬9月下旬予定

VoLTE(ボルテ)の利用料金や対応エリアなど気になるところまとめ

VoLTEでは、通常の音声通話とビデオコール(ビデオ通話)を利用することができます。

音声通話の利用料金は20円/30秒となっており、カケホーダイプランやXiカケ・ホーダイに加入している場合は定額で利用することができます。

また、ビデオコールの場合は0.6円/KBのパケット通信料がかかり、パケットパックやパケット定額サービスに加入している場合は定額で利用することができますが、データ通信量を消費するため、データ通信量が7GBを突破した場合の通信速度の制限等に注意が必要になります。

ただ、ビデオコールは、2015年9月末までパケット料金無料で利用することができ、データ通信量もかからないキャンペーンが実施されます。

VoLTEの対応エリアについては、Xiの対応エリアと同等になりますが、通話相手もVoLTEの対応スマートフォンまたはタブレットを利用している必要があり、両方がXiの対応エリアで通話している必要があります。

通話中に3Gエリアに移動した場合はVoLTEによる高音質通話が利用できなくなり、再度Xiの対応エリアに移動してもVoLTEを利用することはできません。

高音質な通話とビデオコールに加えて、6月24日からはFOMA通話よりも発着信が早くなり、通話中の高速なデータ通信が可能になる「高速マルチアクセス」も提供されます。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

セール

2018/11/16
Anker、20製品がAmazon特選タイムセールで最大30%オフにー11月18日限定

Amazon

2018/11/16
3か月99円に、4000万曲聴き放題の「Amazon Music Unlimited」

Pixelの噂・最新情報

2018/11/16
「Pixel 3 XL」レビュー

au

2018/11/16
au、iPhone 5sなど利用不可に。2022年3月末に3G終了で
Recommendこんな記事も読まれています