らくらくホンシリーズの累計販売台数が1000万台を突破。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

らくらくホンシリーズの累計販売台数が1000万台を突破。


NTTドコモは4月24日、らくらくホンシリーズの累計販売台数が1000万台を突破したと発表した。

同社が展開するらくらくホンシリーズは、“より使いやすく、よりやさしいケータイ”をテーマにし、シニア層にとても人気のあるシリーズとなっています。

父の日に1台プレゼントしてみてはどうでしょうか?

らくらくホンは、あらかじめ登録しておいた相手にワンタッチで通話することができる「3つのワンタッチボタン」、「文字が大きく見やすい」、「音声読み上げ機能」の3つの機能を搭載しているシニア向けの携帯電話となっています。

らくらくホンとして初めて登場したのは、1999年10月に発売されたパナソニック・モバイル製の「P601es」
現在までに全9機種がリリースされ、2007年4月22日に1000万台を突破しました。

累計販売台数1000万台までの推移グラフを見るとFOMA初のらくらくホンである「FOMAらくらくホン」から急速に販売台数を伸ばしていることがわかります。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています