bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

NTTドコモも割賦販売を検討。

NTTドコモ

NTTドコモも割賦販売を検討。

日本経済新聞社によると、NTTドコモはソフトバンクモバイルが先に導入した「割賦割引」について同社も検討しているそうです。

NTTドコモは、携帯電話の料金制度を年内にも見直す考えを明らかにし、1台の端末を長く使い続ける人の通信料割引や、割賦方式での端末の割安販売で、KDDIやソフトバンクモバイルに対抗していくとのこと。

さて、どのような内容なのか。

NTTドコモは長期利用を前提にして通信料や各種サービスの料金の割引率を高くしたいと説明。

ソフトバンクモバイルが先に「スーパーボーナス」という割賦割引を導入した件については「消費者の端末購入の入り口(初期費用)を下げる効果がある」とコメント。

NTTドコモの割賦割引は905iシリーズに合わせて導入を検討するとのこと。

情報元:NIKKEI NET:企業 ニュースGIGAZINE

日本の携帯電話事業は現在、インセンティブモデル(約4万~7万円する携帯電話端末に各携帯電話事業者が報奨金を出すことで消費者が1万円~4万円で購入できる販売形態。報奨金はユーザーが通話料などに上乗せした金額をキャリアに支払い、それをキャリアが携帯電話事業者に支払っている。)という販売形態でなりたっています。

新規契約してから短期間で解約してしまうと元が取れなくなってしまうため短期間で解約した人には原価に近い値段で販売されているのですがこれだと元手がとれないので実質長い期間同じ端末を使っている人がその元手を支払っているということです。

これだと長い期間同じ端末を使っている人が不利になってしまうということで割賦方式での販売を用い、その不利が補うというもの。

インセンティブモデルと割賦販売の両立が出来ればいいんですが無理でしょうね・・・。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Kindleセール情報

2018/11/17
プログラミング入門本多数、40%オフの「翔泳社 ビジネス・IT書セール」がKindleストアで開催中

Kindleセール情報

2018/11/17
最大70%オフ、Kindleストアで「秋の雑学&教養本フェア」が開催中

Pixelの噂・最新情報

2018/11/17
低価格モデル「Pixel 3 Lite」の実機写真とスペック流出。イヤホン端子あり

セール

2018/11/16
Anker、20製品がAmazon特選タイムセールで最大30%オフにー11月18日限定
Recommendこんな記事も読まれています