W52SAとW52Hを6月7日より順次発売。

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

W52SAとW52Hを6月7日より順次発売。


auは、三洋電機製のW52SAと日立製のW52Hを6月7日より順次発売すると発表しました。

W52SAは、ワンセグ周辺機能に特化したWIN端末。
予約録画やタイムシフト再生や番組のジャンルによって最適な音声や画質に設定できる「シーンセレクト」が用意され、他にも喰らいシーンを見やすく表示する「シネマ」やメリハリのある画質を表示する「ダイナミック」などがある。

一方のW52Hは、同社の液晶ブランドWoooの技術を活かしたハイパフォーマンスワンセグケータイ。
メインディスプレイには、2,9インチのIPS液晶を採用し、高画質処理エンジンの「Picture Master for Mobile」を搭載することで高視野角と豊かな色彩を実現している。

技術面では録画予約やバックグラウンド録画などを使用することでワンセグを快適に楽むことができる。


どちらの機種もIPS液晶を採用しています。

W52SAの発売日

6月7日:北海道エリア、九州エリア、沖縄エリア
6月8日:東北エリア、北陸エリア、関東エリア、中部エリア、関西エリア、四国エリア
6月9日:中国エリア

W52Hの発売日

6月7日:沖縄エリア
6月8日:東北エリア、関東エリア、中部エリア、中国エリア、四国エリア、九州エリア
6月9日:北海道エリア、北陸エリア、関西エリア


auは、ど頭にワンセグケータイを持ってきてワンセグといえばauというイメージを順応させるという狙いでしょうか。
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています