bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2018/04/25 7:10
  • トップページ
  • Spotify
  • Spotify、新しいアプリと無料プラン発表。スキップできるプレイリスト、通信量の節約モード登場
  • Spotify、新しい無料プラン発表。プレイリストでスキップ可能に、通信量を75%節約するモードも

    4月24日、Spotifyがアメリカ・ニューヨークで新サービスの発表イベントを開催した。イベントでは広告が付くかわりにすべての曲をフルサイズで楽しめる無料プランの刷新と新デザインを導入したSpotifyアプリが発表、今後数週間で利用可能になる。

    自由に音楽を楽しめる「オンデマンドプレイリスト」

    従来の無料プランではSpotifyアプリで音楽を聴く場合、1時間に6回までしか曲をスキップできず、再生中の曲に似た他のアーティスの曲がミックスされて再生されるといった制限があった。

    新しい無料プランではプレイリスト内の楽曲を有料プランと同じように自由に選択して視聴できる15種類の「オンデマンドプレイリスト」が楽しめるようになる。オンデマンドプレイリストはユーザーの好みに合わせた曲をミックスした合計750曲分が自動収録される仕組み。Discover Weekly、Release Radar、Daily Mixなども含まれる。

    ユーザーの好みに合わせたプレイリスト

    無料プランでもSpotifyのサインアップ時に好きなアーティストを登録すると、ユーザーの好みに合わせて選曲したDaily Mixのようなプレイリストが作られるようになる。Spotify上で視聴した音楽に合わせて随時更新される機能付き。プレイリストにはホーム画面からカンタンにアクセスできるようだ。

    また、楽曲の再生中に曲またはアーティストにハートを付けたり、隠すボタンをタップして自分の好みをSpotifyに伝えることができる。ハートの情報などはSpotifyがユーザーの好みに合わせて選曲する時にも使用されるため積極的に使用するとレコメンド精度が上がっていく。

    新デザイン・新機能追加のSpotifyアプリ

    新しいSpotifyアプリ(App Store / Google Play)では「アシストプレイリスト」によってプレイリストの作成や編集がさらにカンタンになる。これからはプレイリスト名を入力して楽曲を検索・追加するだけ。楽曲の追加時にはユーザーの好みに合わせた楽曲が表示されるアシスト機能が利用できる。

    また、Spotifyで音楽を聴きすぎて速度制限にかからないようにデータ通信量を節約できるモードが設定画面に追加される。節約モードをオンにした場合、最大で75%のデータ通信量が節約されるとのこと。

    今回の変更によって無料プランが有料プランにグッと近づきこれまでよりも格段に自由に音楽を楽しめることになる。Apple Musicなど既にほかの音楽聴き放題サービスを使ってる人も興味が湧く内容で今後はSpotifyの無料プランと併用する人が増え、さらには併用するうちにSpotifyに乗り換えるユーザーも出てくるかもしれない。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Spotifyの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー