bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

スマホ決済サービス「au Pay」が来年4月スタート 楽天と提携で

au

スマホ決済サービス「au Pay」が来年4月スタート 楽天と提携で

11月1日、KDDIと楽天が決済・物流・通信分野の業務提携を発表した。

このうち決済分野では楽天がプラットフォームや加盟店網をKDDIへ提供し、KDDIが2019年4月からスマートフォン決済サービス「au Pay」を順次開始する。

au Pay、全国約120万の加盟店を活かして来春サービス開始

キャッシュレス化を促進する日本政府の方針もあって、各社はスマートフォンの画面にQRコード等を表示してレジで店員が読み取って支払いが完了するーーいわゆるバーコード決済に注力している。

国内の携帯電話事業者においてはドコモが4月に「d払い」をスタート、ソフトバンクも10月に「Paypay」の提供を開始した。携帯電話事業者以外の動きとしてはLINEが提供する「LINE Pay」の動きが活発。2018年中に加盟店100万店舗を目標に掲げ、QRコード決済で最大5%のポイントを還元(期間限定)するなど普及を促進している。

ドコモとソフトバンク、そしてLINEにも遅れを取ったKDDIだが、クレジットカード(楽天カード)や電子マネー(楽天Edy)といった決済手段を提供し、利用者数No.1を誇るバーコード決済(楽天ペイ)も手がける楽天の協力を得ることで、全国約120万箇所の加盟店等を活かして2019年4月から「au Pay」としてサービスをスタートさせる。

KDDIと楽天が業務提携

KDDIは楽天に通信ネットワークを提供

通信分野ではKDDIが楽天に通信ネットワークを提供するローミング協定を締結した。これにより、第4のキャリアとして2019年10月に携帯電話事業に参入する予定の楽天はサービス開始当初から日本全国でauの回線を利用したLTE通信サービスの提供が可能になる。

ローミング協定は2026年3月末までの期限付き。楽天は期間内に自前のネットワークを全国展開し、完成した地域から順次、自前のネットワークへ切り替えを行う。なお、ローミング協定は一部地域を除く全国エリアで適用され、東京23区・大阪市・名古屋市ではサービス開始当初から楽天のネットワークで提供するようだ。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2019/01/21
PayPay、不正利用対策で本人認証に対応。認証後は利用制限を大幅緩和

LINE

2019/01/21
LINE、アプデでトークの画像をアルバムに直接保存可能に

NTTドコモ

2019/01/20
一括648円のジョジョスマホ。あす21日に入荷予定

Googleニュース

2019/01/20
Googleマップ、スピード違反取締機の位置と制限速度を地図上に表示・警告する機能が追加
Recommendこんな記事も読まれています