更新:ドコモ、メインで最大1,000円の値下げ。サブブランドで2,980円のプラン発表か

NTTドコモ

更新:ドコモ、メインで最大1,000円の値下げ。サブブランドで2,980円のプラン発表か

ドコモがサブブランドを誕生させて20GBで月額3,000円前後の料金プランを提供すると報じられていたが、FNNがメインブランドで20GB・月額2,980円のプランを明日にも発表すると報じた。

新料金プランは2021年春にも導入されるという。

サブブランドではなくメインブランドで値下げ

現在、ドコモは毎月最大30GBまで月額7,150円で利用できる「ギガホ」と使ったデータ通信量に応じて月額3,150円〜6,150円で利用できる「ギガライト」の2種類の料金プランを提供している。報道によればドコモはメインブランドで20GB・月額2,980円のプランを提供するという。

UPDATE:2020/12/02 21:56各紙の報道によればドコモはメインブランドで通信量に応じてプランを細分化して最大1,000円程度の値下げを実施し、新設するサブブランドで20GB・月額2,980円のプランを提供するようだ。END OF UPDATE

auやソフトバンクと異なり、ドコモは旧料金プランから新料金プランに変更する際に、更新期間以外であれば中途解約金を取っていたが、今回発表される新料金プランでは旧料金プランから移行する場合でも手数料は取らないという。手数料に中途解約金が含まれているかはわからない。

KDDIとソフトバンクは、総務省が求める携帯料金値下げに対してサブブランドで大容量・低料金プランを発表済み。ソフトバンクは今月から、KDDIは来年2月以降に提供を開始する。

ドコモの新料金プランはKDDIとソフトバンクが提供する料金プランを大幅に下回るため、来春までに値下げする可能性が高く、メインブランドの料金プランも値下げせざるを得ない。

ただし、料金値下げの議論は4Gの料金プランのみで各社がこれから注力していく5Gの料金プランにまで値下げが及ぶかはわからない。

docomoKDDISoftBank
メインブランド30GB
7,150円

段階制
最大1,000円の値下げ
無制限
7,650円
50GB
7,480円
サブブランド20GB
2,980円
20GB
3,980円
20GB
4,480円

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2021/04/20
Apple、きょう深夜に新商品発表。新型iPadが中心、サプライズ用意?

iPhoneの噂・最新情報

2021/04/19
iPhone 13、5Gミリ波モデルが日本で発売か

UQ mobile

2021/04/19
UQモバイル、iPhone 11の価格は4.9万円から

NTTドコモ

2021/04/18
ahamo、有料の店頭サポートは1回3300円か
Recommendこんな記事も読まれています