ドコモ、FOMAとiモードのサービス終了。2026年3月に

NTTドコモ

ドコモ、FOMAとiモードを2026年3月に提供終了

ドコモが「FOMA」と「iモード」のサービス終了を発表した。両サービスとも今年10月から新規受付が終了しているが、2026年3月31日をもってサービスも利用できなくなる。

4Gの普及と5Gにリソースを集中させるため終了

「FOMA」(総称:Freedom Of Mobile multimedia Access)は第3世代の移動通信方式として2001年10月にサービス開始。384Kbpsの通信で大容量の動画やゲームを楽しむことができ、サービス開始から10年で約5,700万契約を突破した。

「iモード」は携帯電話に対応したインターネットサービスとして1999年2月に開始。メールの送受信や音楽のダウンロード、課金型コンテンツなどが人気となって2010年7月に4,900万契約を突破。AppleはApp Store、GoogleはAndroidの開発にあたってiモードを参考にしたとされている。

サービスを終了する理由は“4Gの普及による市場環境の変化に伴う契約数の減少や、5G(第5世代移動通信方式)に経営資源を集中するため”とのこと。

「FOMA」や「iモード」で提供している「iチャネル」「iコンシェル」などの終了時期については改めて案内するとのこと。

なお、旧型のKindleデバイスで利用できる無料3GにもFOMAが利用されているが、同時期にサービス終了となりそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を4社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2021/01/23
噂:5G対応MacBookが登場するのはまだ先の話

Apple Pay

2021/01/22
LINE Pay、Apple Pay支払いで半額還元。上限2,000円相当

Apple Watch

2021/01/22
ついに!Apple Watchの心電図アプリが日本登場。近日公開

お役立ちコンテンツ

2021/01/21
スタバWi-Fiにつながらない時の対処方法や使い方
Recommendこんな記事も読まれています