「Galaxy S22 Ultra」フォトレビュー

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/04/08 17:40

「Galaxy S22 Ultra」フォトレビュー

Samsungの2022年最新フラグシップスマートフォン「Galaxy S22 Ultra」がドコモとauから4月21日に発売されます。

すでに、ドコモオンラインショップauオンラインショップで予約受付がスタート。予約後に購入するとフルワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds2」と「microSDカードリーダー」、さらにスマートフォンとワイヤレスイヤホンを2台同時に充電できるワイヤレス充電器「Wireless Charger Duo」が全員に当たるキャンペーンも開催中です。

発売を前にメディア向けに開催されたイベントで一足先に「Galaxy S22 Ultra」を触ってきたので、フォトレビューをお届けします。サイズ感の確認やカラー選びなどの参考にもどうぞ。

オンラインショップで購入オンライン購入なら待ち時間なし・送料無料。ドコモは事務手数料も0円!!

ドコモオンラインショップ

auオンラインショップ

「Galaxy S22 Ultra」フォトレビュー

カメラユニットとアルミフレームが融合したコンターカットデザインを採用する「Galaxy S22」に対して、「Galaxy S22 Ultra」は表裏のエッジがカーブしたシンプルなデザインを採用しています。

前世代のS21 Ultraから大きく変わったのはカメラユニットで、コンターカットを廃止したことによってスッキリした見た目になりました。それぞれのレンズ・AFセンサーがボディから突き出したデザインに対して、抵抗感のある人も多いと思いますが、実際に手に取ってみると、それほど気にならなかったです。個人的にはコンターカットよりも好印象。

ミラー加工されたカメラリングでより印象的に

ミラー加工されたカメラリングでより印象的に

Galaxy史上最強の耐久性を誇るボディの側面には、超強力かつ軽量のアーマーアルミフレームを採用。背面と違って光沢のある素材感がアクセントになっています。

アーマーアルミフレーム採用でGalaxy史上最強の耐久性

アーマーアルミフレーム採用でGalaxy史上最強の耐久性

カラーはグローバルモデルがバーガンディ、グリーン、ホワイト、ファントムブラックの4色展開ですが、日本では重厚感のあるファントムブラックとバーガンディ2色のみ。どちらも高級感のあるポリッシュ仕上げ。サラサラな質感です。

グレーよりのファントムブラック

グレーよりのファントムブラック

印象的なカラーのバーガンディ

印象的なカラーのバーガンディ

ボトムにはGalaxyシリーズ史上初のSペンを収納できるポケットも内蔵。デザインの限定された専用ケースを購入することなく、好みのケースを使いながらSペンを便利に持ち運び可能。ポケットからSペンを取り出すだけでメモが起動するため、いつでもどこでも素早く手書きでメモが取れます。

ボディの左下にSペンを内蔵できるポケット

ボディの左下にSペンを内蔵できるポケット

専用のペンデバイス「Sペン」は、入力遅延が約3倍改善されたことで、より本物のペンに近い書き心地を実現。書き比べはできなかったので、前世代のS21 Ultraとの違いはわからなかったものの、普段使いしている最新のiPad Air(第5世代)とは明らかな違いがあり、ペンで文字や線を描くとすぐに画面に反映されるため、違和感のない快適な描き心地が楽しめます。

SペンSペンは、サッと取り出して画面ロックの解除すら不要でメモを取れるペンデバイスで、手書き文字をコピペが可能なテキストに変換したり、音声を記録するボイスメモと手書き文字を連動して記録・再生したり、斜めに書いた文字をまっすぐに補正するなど、便利な機能を備えたデジタルノート機能として非常に高く評価されています。

Galaxyシリーズ初の強化ガラス「Gorilla Glass Victus+」が採用された有機ELディスプレイの画面サイズはS22シリーズ最大の6.8インチ。片手から溢れるサイズ感で片手操作はかなり難しい反面、Sペンで快適にメモが取れる大きさです。

ということでショートなフォトレビューでした。またじっくり触る機会があると思うので、長期間使用してこそわかる電池持ちやカメラ・ディスプレイの画質、サイズ感、Sペンの新機能など詳細にレビューします。

Galaxy S22 Ultraは4月21日発売。すでにドコモオンラインショップauオンラインショップで予約受付中で、フルワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds2」と「microSDカードリーダー」、2台同時に充電できるワイヤレス充電器「Wireless Charger Duo」が全員に当たるキャンペーンも実施されます。

記事投稿時点でドコモ版の販売価格は未定、au版は機種代金が178,820円。端末購入プログラム「スマホトクするプログラム」適用時の実質負担金は107,180円、毎月の支払額は4,660円/23回です。

最大22,000円の割引が適用される「au Online Shopお得割」や16,500円の割引が適用される「5G機種変おトク割」、22,000円の割引が適用される「3Gとりかえ割」などおトクな割引の対象機種です。

オンラインショップで購入

docomo

au

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています