Galaxy S21のおすすめ設定11個

bio
Yusuke Sakakura

Galaxy S21のおすすめ設定11個

SamsungのGalaxyスマートフォンはAndroidをベースにした独自のインターフェース「One UI」を搭載しています。

ピュアなAndroidよりもカスタマイズ性に優れていて、サイドキーを2回押して好きなアプリをショートカット起動したり、大画面を片手で快適に操作できる片手モード、電池を長持ちさせるための節約モードを利用可能。

この記事ではGalaxy S21 5GなどGalaxyスマートフォンを買ったら設定しておきたいオススメの項目を紹介します。

目次

自動ロックまでの時間を短くする

Galaxyスマートフォンの購入直後は画面のタイムアウト時間が30秒に設定されていて、無操作状態が少し続くとすぐにスリープ状態になってしまうのでタイムアウト時間を変更しておきましょう。おすすめの時間は2分です。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「ディスプレイ」に進む
  • 2. 「画面のタイムアウト」をタップする
  • 3. 画面のタイムアウトを変更する

自動ロックまでの時間を短くする

戻るボタンの場所を変更する

Galaxyスマートフォンのナビゲーションバーに表示される戻るボタンとアプリを切り替えるためのボタン位置は他のAndroidスマートフォンとは逆になっているため使いにくと感じる人もいるかもしれません。設定画面から変更できるので以下の手順を参考に変更しましょう。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「ディスプレイ」に進む
  • 2. ボタンの位置を変更するために「ナビゲーションバー」をタップする
  • 3. “ボタンの順序”という項目でボタンの順序を変更する

戻るボタンの場所を変更する

電池節約効果も。ダークモードを設定する

Galaxyスマートフォンでは背景を暗めにすることで画面の眩しさを軽減したり、有機ELを搭載した機種であれば節電効果も期待できる「ダークモード」を利用できます。

ダークモードは手動で設定することもできますが、日の入り時間にダークモードを有効に、日の出のタイミングでダークモードを解除したり、指定した時間にオン/オフすることも可能です。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「ディスプレイ」に進む
  • 2. 「ダークモード設定」をタップする
  • 3. 「予定時刻にON」にチェックを入れる
  • 4. 「日の入り〜日の出」または「カスタムスケジュール」にチェックを入れて完了

電池節約効果も。ダークモードを設定する

映像をなめらかに。リフレッシュレートを変更する

Galaxy S21 5Gは最大120Hzのリフレッシュレート対応のディスプレイを搭載しています。

1秒間に画面の書き換え回数を増やすことでスクロールや動画、ゲームといった映像をなめらかに表示できます。

画面の動きがなめらかになるというメリットの一方で、電池持ちが悪くなるといったデメリットも抱えているので以下の手順を参考に機能をオン/オフしてください。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「ディスプレイ」に進む
  • 2. 「動きの滑らかさ」をタップする
  • 3. リフレッシュレートをアップさせて映像をなめらかに表示する場合は「最適化」を選択。電池持ちを優先させたい場合は「標準」を選択して「適用」ボタンをタップします

映像をなめらかに。リフレッシュレートを変更する

サイドキー2回押しで好きなアプリを起動する

Galaxyスマートフォンではサイドキー/電源ボタンを2回押すことでカメラを起動することができます。設定を変更することでTwitterなど頻繁に起動する好みのアプリケーションに変更することも可能です。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「便利な機能」に進む
  • 2. 「サイドキー」を選択する
  • 3. アプリを起動にチェックを入れて、好きなアプリを選択して設定完了

サイドキー2回押しで好きなアプリを起動する

持ち上げて画面ON

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「便利な機能」に進む
  • 2.
  • 3.

持ち上げて画面ON

画面を見ている間は画面を常にオン

スマートフォンのスリープを解除するにはサイドキー/電源ボタンを1回押す必要がありますが、Galaxyではスマートフォンを持ち上げた時にスリープを解除することもできます。

この機能を有効にすることで画面ロックの解除を早めることが可能。以下の手順を参考に変更してください。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「便利な機能」に進む
  • 2. 「モーションとジェスチャー」に進む
  • 3. 「持ち上げて画面ON」のスイッチをオンにする

画面を見ている間は画面を常にオン

片手モードをオンにする

片手モードをオンにする

スマートフォンの画面サイズは年々大きくなっていて片手ですべてのボタンやアイコンをタップすることは難しくなっています。

Galaxyスマートフォンでは、片手で快適に操作するために画面を縮小表示する「片手モード」を用意しているので以下の手順を参考に機能をオンにしてください。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「便利な機能」に進む
  • 2. 「片手モード」に進む
  • 3. スイッチをオンにして片手モードをオンにする方法を「ジェスチャー」または「ボタン」に変更します。おすすめはホームボタンを2回タップする「ボタン」です

片手モードをオンにする

バッテリー残量をパーセント%表示する

Galaxyスマートフォンを購入した直後はバッテリーの残量がアイコンのみで表示されていてどれぐらい残量があるのかわかりにくくなっています。

設定を変更することでバッテリー残量をパーセント表示にできるので以下の手順を参考に設定を変更してください。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面を開いて「バッテリーとデバイスケア」に進む
  • 2. 「その他のバッテリー設定」を選択する
  • 3. 「バッテリー残量(%)を表示をオンにして完了

バッテリー残量をパーセント%表示する

時間を24時間表示に変更する

Galaxyスマートフォンを購入した直後は時間表示が24時間形式になっていません。設定から24時間形式に変更できるので以下の手順を参考に変更してください。

操作手順
  • 1. 「一般管理」に進む
  • 2. 「日付と時刻」をタップする
  • 3. 「24時間形式を使用」

時間を24時間表示に変更する

キーボードをGboardに変更する

Galaxyスマートフォンの文字入力はGalaxyキーボードですが、使いにくいと感じる場合はGboardに変更しましょう。Gboardのおすすめ設定も紹介します。

操作手順
  • 1. Galaxyの設定画面から「一般管理」に進む
  • 2. 「キーボードリストと初期設定」をタップ
  • 3. 「Gboard」にチェックを入れる

キーボードをGboardに変更する

操作手順
  • 4. 注意が表示されたら「OK」を選択する
  • 5. Gboardがオンになったら「標準キーボード」をタップ
  • 6. “入力方法の選択”が表示されたら「Gboard」にチェックを入れる

キーボードをGboardに変更する

操作手順
  • 7. 文字入力しやすく設定を変更するために「Gboard」をタップ
  • 8. 「設定」に進む
  • 9. 「半角スペースの使用」をオンにする
  • 10. 「フリックのみ」をオンにする
  • 11. 数字専用キーボードが不要な場合はチェックを外しましょう

キーボードをGboardに変更する

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています