楽天モバイル、eSIMとAI本人確認で即日開通。9日開始

Yusuke Sakakura

楽天モバイル、eSIMなら即日開通。AIによる本人確認を9日開始

11月4日、楽天モバイルがプレスカンファレンスを開催し、国内キャリアとして初となるオンラインで本人確認を完了できる電子本人確認システム「AIかんたん本人確認(eKYC)」の開始を発表した。

電子本人確認にはmy 楽天モバイルアプリを利用する。Android版は11月9日から、iOS版は11月30日の提供開始に合わせて利用可能になる。

今後はマイナンバーカードにも対応

楽天モバイルによるとこれまではオンライン申し込みをしてもSIMカードやスマートフォンなど商品の発送が生じるため、利用開始までに2日から1週間程度かかっていたという。この期間が「AIかんたん本人確認(eKYC)」とeSIMによって解消される。

「AIかんたん本人確認(eKYC)」は、my 楽天モバイルアプリからのオンライン申し込み時に本人確認書類として運転免許証の表面と厚み、自分の顔を撮影してアプリの案内に従ってまばたきすると本人確認手続きが完了する。

AIかんたん本人確認(eKYC)の利用手順

AIかんたん本人確認(eKYC)の利用手順

その場でSIMを書き換えできるeSIM対応製品と組み合わせることで申し込み完了後すぐにサービスを利用可能になる。eSIM対応製品として楽天からはオリジナルのRakuten Mini/Rakuten BIG/Rakuten Hand(2020年12月上旬発売予定)やデュアルSIM対応の新製品となるAQUOS sense4 lite(11月中旬発売)、OPPO A73(12月上旬発売)が発売されるほか、Google PixelやiPhoneなどもeSIMに対応している。

なお、本人確認サービスにはNECが提供するDigital KYCを採用することで迅速かつセキュアな本人確認が可能とのこと。本人確認にはAIだけでなく人のチェックも行われるが、体制を整えることで数分で確認が完了するようだ。

今後はmy 楽天モバイルアプリだけでなく公式サイトにも導入される予定。開始時点では運転免許証のみ対応するが、ICチップの読み取り機能を今後追加することでマイナンバーカードも対象にするという。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Latest新着記事

AirTag

2021/05/06
新着記事
AirTagのストーカー対策による警告音は小さく15秒・一定間隔と判明

Twitter

2021/05/06
Twitter、ようやく縦長画像に対応。縦長にならない原因は?

Twitter

2021/05/05
Twitter、広告ブロックサービス「Scroll」買収。自社サブスクで提供へ

Pixelの噂・最新情報

2021/05/05
新型フルワイヤレスイヤホン「Pixel Buds A-Series」を誤ってGoogleが発表→削除
Recommendこんな記事も読まれています