bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • iPhone
  • Apple独自の地図アプリには複数の企業の地図データが利用されていることを確認。

  • 昨日「iOS6」のベータ版をインストールして早速Appleが開発した地図アプリを触ってみました。

    アプリからは地図データがどこから提供されたものか確認することができますが、複数の企業が地図データを提供していることがわかりました。
    東京駅周辺を表示してみたところインクリメントP社が提供していることがわかりました。


    日本は全てインクリメントP社の地図データなのかなと思いきや縮小していくとTomTom社に変わります。


    ということは日本地図はTomTom社提供で各都道府県の地図データはインクリメントP社が提供しているということなのでしょうか。

    場所を変えてみます。ロサンゼルスはTomTom社。


    さらに、場所を変えてイタリア。こちらもTomTom社。


    このあと、オーストラリアや韓国、ドイツ、ロシア、中国なども同様に検証してみましたが全てTomTomとなっていました。日本に限らず地図データは主にTomTom社が使われていて、限られた所で別の企業の地図データが使われているようですね。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    iPhoneの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー