2013-03-07 14:30:44
  • トップページ
  • NTTドコモ
  • ドコモ、「Xperia Z」で純減から一気に14万の純増を記録!
  • ドコモ、「Xperia Z」で純減から一気に14万の純増を記録!
    NTTドコモは2013年1月に1万2900件の純減を記録しましたが、2013年2月は「Xperia Z」の効果もあり、14万3400件の純増に転じました。
    情報元
    UPDATE1: 2月携帯契約数、ドコモ<9437.T>が純増に戻る ソフトバンク首位維持 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

    純増1位は14ヶ月連続でソフトバンクモバイル

    2013年2月の純増数はソフトバンクモバイルが25万5300件で1位、auが21万2700件で2位、NTTドコモが14万3400件で3位となりました。

    2013年1月に1万2900件の純減を記録したNTTドコモは、一気に約14万件の純増に転じました。
    後にTCAから発表されるMNPの動向を確認しないと詳しくはわかりませんが、一気に純増に転じた理由は社長自ら2013年春モデルのイチオシとコメントした「Xperia Z SO-02E」や学生向けの基本使用料を3年間無料にする「応援学割」によるものかと思います。

    発売から1週間で初期ロット60万台の1/4となる14万台を販売し、初期ロットのBCNランキングでは、2月9日の発売以降3週連続首位をキープしていることを考えれば、大幅純増に転じてもおかしくはないのかもしれません。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    NTTドコモの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー